TODAWARABLOG

戸田蕨です。小説書いてます。よろしくお願いします。

帝釈天の舅は阿修羅で、毘沙門天の姑は鬼子母神!?~神様たちの意外過ぎる人間関係について

特別信心深いわけでもなく

信仰している宗教もない私ですが

 仏教とか世界の神話関係の本を読んでいるうちに

日ごろ街なかや観光地などで見慣れている神様仏様たちの間

 「えっ、そうだったの!?」

 と思わず言ってしまいそうになる

意外な関係性がある事を知ったので

 

今回はその事について

書かせていただこうと思います。

 

まず

日本の仏教における

神様仏様たちの位置づけはどうなっているかというと

 

一番高いポジションに

 悟りをひらいた仏様である

如来がいます。

 

 

f:id:TODAWARA:20191009161151j:plain

 

その下に

如来になるための修行を続けている

菩薩

 

f:id:TODAWARA:20191010142533j:plain

 

 如来コワモテな姿に変身した

明王がいます。

 

f:id:TODAWARA:20191010144213j:plain

 

上記の仏様たちはすでに

解脱している存在なので

浄土という所に住んでいます。

 

ここは

生まれ変わり死に代わる

輪廻転生のループの外にあります。

 

f:id:TODAWARA:20191009161416j:plain

 

さて

 その下に六道という

六つの世界があるということになっています。

 

それは

 

 天道

(神様たちが住む世界)

人道

(人間の世界)

修羅道

(戦闘神阿修羅が住み戦い続ける世界)

畜生道

(人間以外の生物の世界)

餓鬼道

(空腹と渇きに苦しむ世界)

地獄道

(罪を犯した者が落とされ拷問され続ける世界)

 

という六つの世界なのですが

ここにいる存在は皆

輪廻転生を繰り返している存在

 

死後、次の誕生の際には

どこに生まれ変わるかわからない

という事になっています。

 

 

f:id:TODAWARA:20191010145116j:plain

 

 

 それにしても

 

人間や動物ならわかるけど

天道に住んでいる神様たちまで

次にどこに生まれて来るかわからないなんて

意外ですよね。。。

 

 

その天道の神様たちの

最高位にいる2トップ

 

梵天

帝釈天

です。

 

f:id:TODAWARA:20191010151133j:plain

多くの神様たちはインド神話に源流があるのですが

 

梵天

インドの創造神ブラフマン

お釈迦様に仏教の布教を勧めたという神様

 

帝釈天

英雄神インドラ

お釈迦さまをフォローしその説法を聴聞した神様

 

そのような功績があるために

この2神は

天部の神様界の2トップとして君臨しています。

 

さて、ここで

このお二方の

奥様方を紹介させていただきます。

 

まずは梵天さんの奥様から。

 

それは皆さまも良くご存じの

七福神の中の紅一点

 

 

f:id:TODAWARA:20190828173842j:plain

ハッピーユニット「ザ・七福神

 

 

水辺に祀られていることの多い神様

弁財天です。

 

f:id:TODAWARA:20191010153341j:plain

 

琵琶を抱えた姿で良く知られている

言語、学問、音楽の女神様ですが

 

彼女のルーツはインドの川の女神

サラスヴァティーです。

 

実は

サラスヴァティー

元々はブラフマン(梵天)のだったのですが

 

我が娘のあまりの美しさにブラフマンは熱烈な恋に落ちてしまい

無理やり奥さんにしてしまったんだそうです。

 

 

f:id:TODAWARA:20191010174020j:plain

えっっ!!!!!

 

一方

帝釈天の奥さんは誰かと言うと

 

なんと

戦闘神として知られる

阿修羅(アスラ)の娘

f:id:TODAWARA:20191010160225j:plain

シャチ―です。

f:id:TODAWARA:20191010161328j:plain


 

帝釈天が親元にいたシャチ―を強引に奪った事から阿修羅が激怒し

天界全体を巻き込んだ大戦争に発展してしまいました。

 

英雄神VS戦闘神

  の

仁義なき戦い

 

f:id:TODAWARA:20191010172411j:plain

 

その結果

阿修羅は復讐に燃える悪鬼になってしまい

天界から追放されてしまったんだそうです。

 

阿修羅

気の毒!!

 

(とは言いながら、阿修羅は仏教の守護者である「八部衆」というグループのメンバーには入れてもらっているようですが)

 

 

このようなトップ二人の下に

さらにたくさんの神様たちがいるのですが

 

 

弁財天と同じ七福神のメンバーである

毘沙門天

 

f:id:TODAWARA:20191010163204j:plain

 

彼のルーツは

インドの繁栄維持の神

ヴィシュヌ神です。

 

彼は七福神だけではなく

四天王というユニットのメンバーでもあり

 

その時には

多聞天(たもんてん)と言う名前を名乗って

北の方角を護っています。

 

ちなみに他のメンバーは

南方守護担当増長天

西方守護担当広目天

東方守護担当持国天

です。

 

f:id:TODAWARA:20191010173335p:plain

 

 

毘沙門天としての彼は

梵天の下に位置づけられている状態にあるのですが

 

インド神話の世界におけるヴィシュヌ神

ブラフマン(梵天)とは肩を並べるほどの存在で(しかも人気は彼よりも上だったりする)

 

もう一人の神シヴァ(破壊と再生の神)と三人で

3トップと称されています。

 

ちなみにこのシヴァ神

 

来日後に大国主神と合体して

大黒天になり

七福神のメンバーとなっています。

 

 

f:id:TODAWARA:20191010164726j:plain

ずいぶんイメージが変わりましたよね。

 

f:id:TODAWARA:20191009160200j:plain

ちなみに象頭の神ガネーシャシヴァ神の子供です。

 

この毘沙門天(多聞天)の奥さん

 

五穀豊穣をもたらす女神であり

美人として名高い

吉祥天

 

f:id:TODAWARA:20191010170906j:plain

 

インドでの名はラクシュミー

美と繁栄の神様なのですが

 

彼女のお母さんは

その昔

他人の子供を誘拐して食べるという悪行を繰り返していたものの

お釈迦様から諭されて改心したという

子育ての神

鬼子母神なんです。

 

f:id:TODAWARA:20191010172150j:plain

今はすっかり良い人です

 

こうして見てみると

神様たちの繋がりって

かなり意外じゃありませんか?

 

まさか神様同士でカップルになっていたなんて

今まで全然気が付きませんでした。

 

これってなんだか

 

高校を卒業した直後に

「実はあの人とあの人って付き合ってたんだよ」

と知らされた時の気分にすごく似ています。。。

 

 

f:id:TODAWARA:20191109112401j:plain

 

 

 

そんな天道の神様たちにも、いよいよ寿命が来てしまった時のお話はこちら

 

todawara.hatenablog.com

 

 

こちらは神道系の日本の四季の神様たちのお話です。

 

todawara.hatenablog.com

 

 

 

 こちらは私の小説です。よろしくお願いいたします。

 

f:id:TODAWARA:20191031135623j:plain