TODAWARABLOG

戸田蕨です。小説書いてます。よろしくお願いします。

(発見!)コンパスのような歩き方をすると歩幅が大きくなり、より速く歩くことができる。

これは先日

私の母が発見した事なのですが

 

ある時、母は

親御さんに手を引っ張られながら歩いている

2~3歳くらいの幼児を見て

ふと、思ったそうです。

 

「あのパパ、あんなに速く歩いてるのに

あの子、よくついて行けてるわね……」

 

 

f:id:TODAWARA:20210111155919j:plain

 

ジーッと観察していた彼女は

 

その幼児の歩き方から

ある事を発見したのでした。

 

「はっ!!!!」

 

f:id:TODAWARA:20210111160747j:plain

 

親に手を引かれながら歩く幼児は

 

脚だけを動かしているのではなく

 

腰にひねりを入れて

コンパスのように

脚を動かしていたのです!!!!

 

 

f:id:TODAWARA:20210111161412p:plain

くいっ、くいっ。

 

脚の付け根の部分から先だけを

チョコチョコと前に出して歩くより

 

腰にクイックイッとひねりを入れて

腰+脚で歩いたほうが

 

一歩の歩幅

格段に

大きくなるんです。

(腰の厚みの半分ぶん、歩幅にプラスされるから)

 

 

f:id:TODAWARA:20210112103325j:plain

試しに、これに捻りを入れてやってみて下さい。格段に一歩が大きくなりますから。

 

ほとんど赤ちゃんと言ってもいいくらいの小さい子供が

 

親の歩調についていくために

本能的にそういう歩き方をしているんですから

 

健気と言うか、立派と言うか

ほんと、凄いですよねえ……。

 

f:id:TODAWARA:20210112111417j:plain


大人になり

年を取ってくると

 

いつの間にか歩幅が小さくなって

歩くのが遅くなってしまいがちなのですが

 

「それって、体の柔軟性が無くなって

脚だけで歩こうとしているからなのかも知れないわねぇ」

母は言っていました。

 

それ以降

コンパス歩きを心がけるようになった彼女は

 

歩くのが格段に速くなったそうです。

 

f:id:TODAWARA:20210111162031j:plain

 

もし

「最近、歩幅が狭くなってきて

歩くのが遅くなってきた」

と心当たりがおありの時には

 

ぜひ

 

脚だけではなく腰ごと動かす

コンパス歩き

お試しになってみて下さい。(^_^)

 

f:id:TODAWARA:20210111161758j:plain

 

 

 

 

 

こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

 

 f:id:TODAWARA:20210112112843j:plain

 

台風スウェル

台風スウェル

 

 f:id:TODAWARA:20210107115320j:plain

 

 

f:id:TODAWARA:20210107115344j:plain