TODAWARABLOG

戸田蕨です。小説書いてます。よろしくお願いします。

美食の巨人・北大路魯山人直伝、超簡単&リーズナブルに作れてしまう絶品雑炊!

私は今

美食の芸術家

北大路魯山人(1883-1959)による随筆

魯山人の食卓」

という本を読んでいるのですが

 

その中で魯山人

家庭でも簡単に作れる雑炊のレシピを披露してくれていましたので

今回はそれをご紹介しようと思います。

 

f:id:TODAWARA:20210114142038j:plain


漫画美味しんぼに出て来る

食通・海原雄山のモデルにもなった

天下の美食家北大路魯山人

自信を持って

「これはウマい!」

と、お薦めしているメニューなので

 

「作り方が難しいんじゃないの~?」

とか

「材料が高級品ばっかりなんじゃないの~?」

 

などと思われる向きもあるかもしれませんが

 

今回、ここにご紹介いたしますメニューは

非常にお手軽に作れる!

しかも

材料は

手に入れやすいものばかりです。

 

 

 ※こちらのメニューはすべて

魯山人の食卓」内にある

「鍋料理と雑炊の話」という項の

「夜寒に火を囲んで懐かしい雑炊」

という章に書かれてあります。

 

f:id:TODAWARA:20210114143920j:plain

 

最初にご紹介するのは 

牡蛎雑炊です。

 

作り方

 

まず、普通のお粥をこしらえます。

 

f:id:TODAWARA:20210114100908j:plain

 

火にかけたお粥の中に、水を切った牡蛎のむき身を入れ

5分くらいたったら鍋を火からおろします。

 

牡蛎の分量はだいたい

お粥の4分の1くらい。

 

火の通し加減については

魯山人はこのように言っています。

 

かき雑炊の粥は、サッと煮えたアッサリした粥が、かきの風味とよく合う。かきは煮過ぎないこと

 

f:id:TODAWARA:20210113191402j:plain

 

もしセリが手に入れば

それをみじん切りにして振りかけると、なお良いそうです。

 

せりは火からおろしてふりまぜること。

 

セリの分量は

お粥の10分の1くらい。

 

f:id:TODAWARA:20210114101235j:plain

 

これにて完成!

 

そのままを振りかけ、かき混ぜて食べても良し。


そば出汁くらいの麺つゆを掛けても

醤油を落として食べても良し。

 

f:id:TODAWARA:20210114101437j:plain

 

焼き海苔はカキとよく合うので

粗く揉んで振りかけて食べると

なおgood!だそうです。

 

f:id:TODAWARA:20210114101050j:plain


この熱々の牡蛎雑炊

ふぅふぅいいながら食べる妙味は

 

初春の楽しみの一つである。

魯山人は語っています。

 

f:id:TODAWARA:20210114101819j:plain

 

お次にご紹介しますのは

非常にリーズナブルに出来るメニュー

納豆雑炊です。

 

魯山人もこのように言っています。

 

納豆が嫌いとあっては話にならないが、納豆好きだとすれば、こんなに簡単に、こんなに調子の高い、こんなに廉価な雑炊はないといったくらいのものである。

 

f:id:TODAWARA:20210113191600j:plain

 

 作り方

 

火にかけたお粥に、その4分の1か5分の1の量の納豆を加え

5分もしたら火からおろします。

 

(これで完成)

 

納豆は何の手も加えないまま

そのままのものを混ぜても良いのですが

 

普通に食べる時と同じように

醤油からしネギの薬味を入れて

充分に粘るまでかき混ぜたものを入れると、なお良いです。

 

f:id:TODAWARA:20210114093810j:plain

 

さらに

 

雑炊の上から煎茶のうまいのをかけて食べるのもよい。

通人の仕事である。

 

との事ですよ。

 

f:id:TODAWARA:20210114103305j:plain

納豆雑炊にお茶を掛けて食べたら、もうあなたも立派な食通!


納豆

水戸方面の小粒納豆があれば申し分ないそうですが

普通の納豆でも結構美味しく出来ることを

 

私は太鼓判をおして

保証する。

 

魯山人はそのように言っています。

 

頼もしいですね!!('∀')



さて

お次にご紹介しますのは

 

お正月明け、お餅が余ってしまった時などに助かりそうなメニュー

餅雑炊です

 

餅の雑炊は、正月の餅のかけら、鏡餅のかけらなどを適宜に入れてお粥を煮ることである。

出来たお粥に焼いた餅を入れてもよい。

粥と餅のなじみがおいしい雑炊なのである。

 

f:id:TODAWARA:20210113191815j:plain

 

で食べても良し

そば出汁くらいの出汁で食べても良し。

 

味噌汁を掛けても良いし

納豆を加えるとさらに美味しいそうです。

  

f:id:TODAWARA:20210114094313j:plain

 

そして

 

焼きのり、炒りごま、七味、薬味ねぎなどを、好みに応じて加えれば申し分なしといえる。

 

米で米を食べる感じになるのですが……

でも

お茶漬けに入ってるアラレって、いい感じにご飯にマッチしてますものねえ。

 

お粥+餅

やってみたら、きっと美味しいんでしょう。

 (なにせ魯山人「申し分なし」と言ってる位ですから)

 

f:id:TODAWARA:20210114094554j:plain

 

最後にご紹介しますのは

 なめこ雑炊です。

 

なめこは缶詰でよいから、缶から出したらザッと水洗いする。

缶六、七十銭のものを五人前に使えば適宜といえよう。

 

薄く味付けしたお粥の中になめこを入れ

温める程度に火に掛けます。

 

煮過ぎると

なめこの癖が出て良くないそうです。


 

f:id:TODAWARA:20210113192057j:plain

 

これを茶碗6、7分目に取り

その上から

あらかじめ作っておいた

餡掛けうどんの餡を掛けて食べます。

 

餡掛けうどんの餡の作り方については書かれてはいなかったのですが

おそらく

希釈した麺つゆを火にかけて

水溶き片栗粉でとろみを付ければ良いんだと思います。

 

この雑炊は

 

なかなかしゃれたもので、ぜいたく者ほどよろこんでくれるもの。

 

なんだそうですよ。

 

そして

 

餡の上に

すりしょうが一つまみ添えて出すことを忘れてはならない。

 

だそうです。(美味しそう~!)

 

f:id:TODAWARA:20210114095848j:plain

 

この他にも

「猪肉雑炊」「鶏肉雑炊」

「蟹雑炊」「焼き魚の雑炊」

の作り方が紹介されていました。

 

興味のある方は

こちらの本をご覧になってみて下さい。

 

魯山人の食卓 (グルメ文庫)

魯山人の食卓 (グルメ文庫)

 

 

傲岸不遜な偏屈爺さん

みたいに言われている魯山人ですが

 

彼の書く文章は、すんなり真っすぐな感じで、非常に読みやすかったです。

 

 雑炊の話は次のように締められていました。

 

雑炊の要は、種の芳香を粥にたたえて喜ぶこと。

熱いのを吹き吹き食べるあんしんさ。

なんとなく気ばらぬくつろぎのうまさなど、今や雑炊の季節ともいいうる。

 

 

f:id:TODAWARA:20210114104953j:plain

 

 

 

 

関連記事のご案内

 

 

青山二郎魯山人
todawara.hatenablog.com

 

 

 

 

こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

 

f:id:TODAWARA:20210107115251j:plain

 

 

台風スウェル

台風スウェル

 

f:id:TODAWARA:20210107115320j:plain

 

 

f:id:TODAWARA:20210107115344j:plain