TODAWARABLOG

戸田蕨です。小説書いてます。よろしくお願いします。

「トモコレ」好きならきっと嵌るゲーム「ミートピア」は、無料ダウンロードできる「予告編」も秀逸なんですよ。

4~5年くらい前にニンテンドー3DSの

トモダチコレクション新生活

というゲームに嵌っていた私は

 そこから派生して作られたゲーム

Miitopia」(ミートピア)

にも当然のごとくガッツリ嵌りました。

 

とにかく

Mii」(小人さん達)の動きや表情や

やることなす事が

可愛いくてしょうがないんですよねえ。

 

f:id:TODAWARA:20200225140922j:plain

 

2016年12月に発売された

Miitopia

4人で一組のチームを組んだMiiたちが

モンスターと戦いながら冒険の旅をするという

RPG風「みまもりシミュレーションゲームです。

 

Miiはトモコレ同様に

容姿も性格も自分の好きなようにつくれるので

有名人にでも

アニメキャラクターにでも

し放題!

 

そして

トモコレプレイヤーにとって嬉しい所は

自分のトモコレ島からも連れて来ることが出来るという所。

 

トモコレで可愛がっていたMii達が

戦士になったり魔法使いになったりして

カッコよく戦っている姿を見るのは結構感動的です。

 

しかも

トモコレよりも表情が豊かになっていて

可愛さがアップしています。

 

f:id:TODAWARA:20200225133435j:plain

モンスターに臭い息攻撃を浴びせられる!


冒険と戦いの展開はRPG風味ではありますが

そこに

トモコレっぽいおトボケ風味が満載されています。

 

旅と戦いを通じてMii達は友情を深め合い

チームワークが良くなっていくのですが

 

たまには喧嘩なんかをする事もあり

戦いの最中にも関わらず険悪さを見せたりもします。

 

その辺のMiiたちの勝手気ままさも

トモコレテイスト。

 

f:id:TODAWARA:20200225133910j:plain

仲間の荷物にこっそりバナナをしのばせて、こんな手紙を入れて置いたり。

 

f:id:TODAWARA:20200225134055j:plain

戦いの最中に敵の魔法で弱気にさせられてしまい、仲間の足を引っ張ったり。

 

f:id:TODAWARA:20200225134356j:plain

ファラオの呪いにかかって動けなくなってしまったり。

  

仲間のMii

超魔王を打倒するまでは

最初の主人公(自分)を入れて10人までですが

 

それ以後は通常の宿に加えて別荘が出来るので

自分を入れて100人まで増やすことが出来るそうです。

(私は30人くらいまでしか増やしていませんが)

 

このゲームでは

町の人とか王様や魔王など

わき役の人たちの容姿も好きなように設定できるのですが

 

作るのが面倒くさい!

と思ったら

 

ネット上にMiiを投稿する事ができる

「みんなのMiiという所から

他の人が作ったMiiを選ぶこともできるようになっています。

 

この「みんなのMiiですが

これ、見てるだけでもかなり面白いですよ。

 

有名人やアニメキャラクターに檄似のMiiがいっぱいいるし

(逆に、全然似ていないのもいっぱいありますが)

 

こんなものをどうやって作ったんだろう!?

と思うような、パーツを駆使しまくった

職人芸の極みみたいなMii達がゴロゴロしています。

 

そしてまた

 

このゲームに関連して私が強くお勧めしておきたいのは

予告編の存在です。

 

3DSに無料でダウンロードすることができる

この予告編

 

これだけでも

かなり楽しめる作品になっています。

 

ここでは

「ヒーロー編」「友情編」「冒険編」

といった3つのショートストーリーが

自分の好きな配役で出来るようになっています。

 

「ヒーロー編」の登場人物は

戦士、猫、僧侶、魔法使い、魔王の5人。

 

仲間達みんなの「顔」が悪い魔王に奪われてしまい

一人だけ無事に残った戦士が一瞬弱気になりながらも

「がんばらなきゃ」と奮起する話になっています。

 

f:id:TODAWARA:20200225135305j:plain

「ヒーロー編」は凛々しい戦士が主人公

 

そしてこちらは

「友情編」

 

メインの登場人物は魔法使いと僧侶で、戦士と猫は脇役です。

 

すってんころりんと転んだ魔法使いに

「大丈夫?」と優しく手を差し伸べる僧侶。

ここから二人の友情が始まります。

 

f:id:TODAWARA:20200225135555j:plain

「みんなのMii」から選んだ僧侶「しまじろう」

f:id:TODAWARA:20200225135748j:plain

僧侶の親友となる魔法使いは「みんなのMii」から「きかんしゃトーマス」を選びました。

 

 親友になった二人は

宿の部屋でこんな話をしたりします。

 

f:id:TODAWARA:20200225135927j:plain

何だこの会話……(^^;)

 

ところが

ささいな行き違いから二人は大喧嘩。

 

険悪なムードになってしまいます。

密かに悩む魔法使い。。。

 

f:id:TODAWARA:20200225140159j:plain

 

こんな風に

ぼんやりとしている魔法使いに

敵の攻撃が!!

 

そこにすかさず僧侶が立ちふさがります。

f:id:TODAWARA:20200225140305j:plain



 

f:id:TODAWARA:20200225140340j:plain

 

 

f:id:TODAWARA:20200225140421j:plain

 

 僧侶は倒されてしまいました。

 

f:id:TODAWARA:20200225140520j:plain

 

「おのれ、よくも、よくも!」

魔法使いは泣きながら敵討ちを挑みます。

 

f:id:TODAWARA:20200225140600j:plain

f:id:TODAWARA:20200225140642j:plain

 

 

これ以外にも

食いしん坊の王様に頼まれて

悪者に奪われてしまったお姫様の顔を取り返しに行く

「冒険編」があります。

(登場人物は戦士、猫、僧侶、魔法使い、大魔王、王様、お姫様)

 

この予告編

登場人物にどんなに突飛な配役をしても

そのまま話が進んでいきますから

 

配役次第では

かなり笑える話になってしまいます。

 

無料でこれだけ遊べるものを配布してくれるなんて

任天堂さん、太っ腹ですね!!

 

 

 

 

 

 

関連記事のご案内

 

 トモダチコレクション新生活

todawara.hatenablog.com

 

 

 

 こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

 

 

f:id:TODAWARA:20200129165754j:plain

 

井原西鶴「諸艶大鑑/好色二代男」から~長山太夫が恋人の敵討ちを果たすお話「惜しや姿は隠れ里」のご紹介

今回は井原西鶴

1684(貞享元)年、43歳の時に世に送り出した遊里説話集

「諸艶大鑑/好色二代男」

について書かせていただきます。

 

f:id:TODAWARA:20200221130002j:plain

 

これに先立つこと2年前

1682(天和2)年に出版された西鶴の小説デビュー作

好色一代男

 

それまで俳諧師であった西鶴を41歳にして小説家に転身させ

 

文学史の上でも

浮世草子時代の幕開けを飾る大ヒット作となりました。

 

主人公の世之介

生れた時からの色好み。

 

わずか7歳にして侍女を口説き始め

9歳の時には行水中の下女を望遠鏡でのぞき見。

 

f:id:TODAWARA:20200220143035j:plain

「キャー!!」

 

男女問わずの愛の狩人である彼が

一生のうちに戯れ合った女の数は

なんと3742人!

そして男の数は725人!

 

そんな世之介は、物語の終盤で

「もう、浮世に未練が無くなった」と言い出し

 

60歳にして友人達と共に

「好色丸」(よしいろまる)という船に乗り込んで

 

「これから

女のつかみ取りだ~い!」

女ばかりが住む女護の島に船出して

それ以後消息不明。。。

 

というところで

好色一代男の物語は終わっています。

 

f:id:TODAWARA:20200220144311j:plain

 

この「一代男」の大ヒット後に世に送り出されたのが

本書

「諸艶大鑑(しょえんおおかがみ)/好色二代男」です。

 

ここには一応、主人公「二代男」として

世之介が15歳の時にさる後家さんに産ませ、六角堂前に捨ててしまった赤ん坊

世伝(よでん)が出てくるのですが

 

実は、彼は物語の冒頭と最後に

チョロッと申し訳程度に出て来るだけでして

主人公と呼べるほどの存在感はありません。

 

 

f:id:TODAWARA:20200221152533j:plain

「期待はずれでスンマセン」

 

この物語における世伝

やり手(遊郭で遊女の手配などをする仕事)の「くに」という女性が話す

諸国の色里にまつわる物語を、聞き書きしている立場

という事になっています。

 

この「取って付けたみたいな感じ」は恐らく

「一代男」が西鶴の思惑以上に読者に受けてしまい

読者側にその続編を望むようなところがあったため

 

もともと遊里説話集として書いていた「諸艶大鑑」

急遽、世之介の落し子世伝の話を

「二代男」としてくっ付けたんじゃないか?

と言われています。

 

なので

 

これは

二代目世伝の波乱万丈の愛の遍歴!

みたいな話では全然なくて

 

日本全国の遊里にまつわる

あんな話こんな話をまとめたもの

 

となっています。

 

ですから

好色一代男」のように

はっちゃけた面白物語ではないのですが

 

それよりはかなり実録に近い分

光もあれば影もある

遊里の実相が描かれており

 

これはこれで

大変に興味深い内容となっています。

 

今回は

その中から印象に残ったお話をひとつ

ご紹介させていただきます。

 

--------

「諸艶大鑑/好色二代男」

巻七から

 「惜しや姿は隠れ里」

 

 

江戸の盛り場が本吉原だった時

三浦四郎左衛門が経営している置屋

長山(ちょうざん)という太夫があった。

 

彼女は没落した名家のお嬢様で

十五歳の秋にこちらに買われて来たのだが

姿は美しく、気立ても優しかった。

 

やがて彼女は

下谷の車坂に身を潜めていた浪人者と

本気の恋仲になっていった。

二人は二年ほど付き合ううちに

互いに命を捨てても惜しくないほど、思い合うようになっていった。

 

f:id:TODAWARA:20200221133721j:plain

 

仙台から来た角弥(かくや)という名のこの浪人が

ある時、彼女にこう告げた。

「私はどうしても国許へ戻らねばならぬ首尾となった」

 

衝撃を受けた長山が

「こうなったら、いっそ私を刺し殺してから行ってください」

と狂ったようになって嘆き悲しむのを、角弥はどうにかなだめすかし

「夏ごろになったらまた江戸にのぼって来れるだろう。大願が叶ったら……きっと……」

そして

「これは、そなたには似合わないものではあるが、また逢える時まで預けて置こう」

と彼女に手持ちの刀を手渡した。

 

f:id:TODAWARA:20200220164353j:plain

 

その場にいた遣り手や禿(遊女見習の少女)たちが

「これは……、太夫様が持っていても仕方がないのでは……」

と言う中、長山は

「女だからと言って、自害する時に舌を噛んだり首をくくったり、剃刀を使うなどというのも手ぬるいことじゃ。刀の必要となる事もあるでしょう」

そう言って、刀を受け取った。

 

やがて、男は奥州へ下って行った。

刀の銘は来国次。

二尺三寸で傷が無いため、「欲しい」という人も出てきたが

長山はそれを手放さなかった。

 

年は暮れ、明けて春の初めとなったが

男からの便りは無かった。

 

長山が寂しさに堪えながら過ごしている時

仙台から角弥の友人だという侍が、遊女仲間、小太夫の所にやってきた。

 

長山は嬉しくなり

「角弥様は?」

と尋ねた所

 

角弥のその後の

悲しい運命が明らかになってしまった。

 

江戸を離れて国許に戻った彼は

兄の仇である細井治という侍を討とうとしたのだが

 

少し前から眼病を患っていたせいで

間違えて、その下人に切りつけてしまい

治介によって返り討ちにされてしまったというのだ。

 

f:id:TODAWARA:20200221140600j:plain

 

内心、激しく動揺したものの

長山は人前では涙もこぼさず

「定めがたき、人の身じゃもの……」

と静かに杯を置き、宿に帰って行った。

 

座敷に残った人々は

「女郎ほどサッパリしたものは無いな。どうせ、その程度の思い入れだったんだろうよ。まあ、病になって来なくなった男や、年を取って分別して遊里通いをやめた男のことまでいちいち気にかけてたらキリがないからな」

と笑った。

 

f:id:TODAWARA:20200220163644j:plain


 

宿に戻った長山は、親方に思い極まった様子で頼み込んだ。

「お客さんから頂いた着物や道具は全部ここへ置いていきますから、私を仙台の色街に売ってください。

もしそれが叶わないようなら、私はもう、この世には生きておられぬ女です」

 

そこで親方も思案して

のぞみ通り、彼女を仙台の松嶋屋小兵衛方へやったのだった。

 

f:id:TODAWARA:20200221161119j:plain

 

江戸の太夫が下りて来た、と評判になり

長山も真心を尽くして勤めるうちに

やがて

かつての角弥と同じくらいに

深く心の通じ合う男が出来た。

 

男の名は吉沢権八

彼は角弥の朋輩であった。

 

f:id:TODAWARA:20200221145555j:plain

 

彼女が心に秘めた決意を打ち明けると

権八は涙を浮かべながらこう言った。

 

「遊女の身でありながら、恋人の敵討ちを誓うとは、なんと立派な心掛けであろう。

頼りない拙者にこのような大事を打ち明けてくれたのだ。力添えしないわけにはいくまい。

角弥の仇、細井治介はこの遊里にも時々訪れて、京屋の玉川に会いに来るらしい。そのうち心のままに討たせてやろう。拙者もこの事を請けあった。明け暮れ心がけて置こう」

 

しかしその後

治介が姿を現さないまま、百日が過ぎてしまった。

 

権八は、表向きは長山と距離を置き

浅香という女郎に入れ込んでいるふりをしていたが

実は、長山との連絡は欠かさないでいた。

 

さらに日が経ち

秋が過ぎ、雪の降り始める日。

 

f:id:TODAWARA:20200220165021p:plain

 

大勢の侍が遊里を訪れて来た中に、治介の姿があったぞ

権八から長山に知らせが入ってきた。

 

治助の定宿京屋には

大勢の女郎や若い者たちが集まって

騒いだり歌ったり踊ったりしている。

 

治介はお気に入りの遊女玉川と床に入りに行った……

 

f:id:TODAWARA:20200221150653j:plain

 

やがて

玉川が床を後にして部屋を出ていった時。

 

長山は治介の寝姿を見すましながら

「角弥の女が討つぞ!」

と言って斬りつけた。

 

f:id:TODAWARA:20200221142453j:plain

 

すかさず

物陰から山伏姿に身を変えた権八

飛び掛かって治介を刺し殺す。

 

f:id:TODAWARA:20200221142811j:plain

 

宿はたちまち大騒ぎになり

大勢の人々が二人を追って来たが

権八は、かねて用意しておいた車長持に長山を乗せて逃げ

人々は二人の行方を見失ってしまった。

 

暗い夜道を四里半ばかり

山里を忍んで逃げている時

 

人里近くになった所で

 

抜身の刀を持ちながら

足音も立てずに近づいてくるものがあることに気が付いた。

 

f:id:TODAWARA:20200220164032j:plain

 

雪灯りの中

近づいてきたのは

 

まさしく

今は亡き角弥の面影である。

 

f:id:TODAWARA:20200221144853j:plain

 

彼は長山と権八にニッコリと笑いかけると

そのままスーッと姿を消してしまった。

 

その後

 

山里深く身を隠した長山は

二十三歳で髪を下ろし

尼になったという話である。

 

 

f:id:TODAWARA:20200220165617j:plain

 

 --------

 

好色二代男 (1958年) (岩波文庫)

好色二代男 (1958年) (岩波文庫)

 

 

 

 

江戸文学関連記事のご案内

 

 

 為永春水「梅暦」

todawara.hatenablog.com

 

 

 鶴屋南北東海道四谷怪談

todawara.hatenablog.com

 

 

 

 こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

f:id:TODAWARA:20200129165754j:plain

 

お口の消毒に頼もしいイソジンですが、歯が茶色くなったり酸で溶けたりすることもあるので、気を付けて使いましょう。

先日、親知らず付近の歯肉が痛くなった時に、ネット上を調べてみたら

「歯肉炎にはイソジンなどのヨード入りのうがい薬が良い」

という情報があったので

早速、買ってためしてみました。

 

f:id:TODAWARA:20200219122319j:plain

 

その情報に接する前に、私はリステリンを買ってしまっていたので

最初のうちは、リステリンで口を漱いでいたのですが

 

炎症を起こしている所にリステリン

さすがに刺激が強すぎるように感じたので

 

うすめずにそのまま使える

イソジンうがい薬C」

というのを買ってきて

それで朝晩口を漱ぎましたところ

 

2~3日で炎症も痛みも治まりました。

 

さすがはイソジンです!

 

イソジンにはポビドンヨードという成分が入っていて

これに

殺菌消毒およびウィルスの働きを失わせる

などという効果があるそうです。

 

そのため、ポビドンヨード

咽頭炎扁桃炎、口内炎

歯を抜いた後などの口腔創傷の感染予防

口腔内の消毒

などに効果を発揮するんだそうです。

 

※無色透明タイプの「イソジンクリアうがい薬」には、ポビドンヨードは入っていません。

 

 

ただ。。。

 

イソジンでクチュクチュペッとした時

洗面ボウルがコーヒーみたいにまっ茶色になるのを見て

ちょっと気になってしまったんですよね。。。

 

これ

歯に色が付くんじゃないかしら?

って。。。

 

f:id:TODAWARA:20200219122706j:plain

 

そう思いながら鏡で歯をチェックしてみると

心なしか

歯がうっすら茶色くなっているような気もしました。

 

そこでネット上を調べてみましたところ

 

イソジンで歯が茶色くなる」

というのは

どうやら(歯医者さんの間では)

 

有名な話のようでした!

(イソジンの罠その1!!)

 

f:id:TODAWARA:20200219123209j:plain

わーん!


 

歯に色が付いてしまうのは

ステインと言うらしいです。

 

 

ステインの原因となるものには

煙草のヤニですとか、コーヒーやお茶などがあるのですが

そこに

イソジンなどの

色付きのうがい薬」

というのが並んでありました。(*_*;

 

歯に付いてしまった色は

歯医者さんに行けば専用の器械で取ってくれるらしいですが

 

なるべくそこまでの事態にはならない位に自衛したいですよねぇ。。。

 

ステインを防止するためには

 

着色が歯に浸透してしまう前に

ホワイトニングに特化した歯磨き粉を使って歯磨きする事が必要

とのこと。

 

日常的に

硬めの歯ブラシでガシュガシュ強くブラッシングしていると

歯の表面に傷が付いてしまい

そこに汚れや色が入り込んで、落ちづらくなっちゃいますから注意しましょう。

 

が。。。

 

f:id:TODAWARA:20200218164356j:plain

 

しかし!!

 

ここでまた問題が

立ちふさがって来るのでした!!

(イソジンの罠その2!!)

 

問題は

 

着色が歯に浸透する前に

なるべく早く歯磨きをするという所なのですが

 

これを許さない事情が

イソジン使用時にはあったのです!

 

f:id:TODAWARA:20200219123956j:plain

 

イソジン

実はかなり

強い酸性のお薬です。

 

ですから

 

イソジンでのうがいを習慣化していると

歯に茶色が付くばかりではなく

 

歯の表面のエナメル質が溶ける

酸触歯という状態になりやすいらしいのです。

(イソジンは歯茎にとっては強い味方だけど、歯には全然優しくないんです!)

 

f:id:TODAWARA:20200219124603j:plain

 

歯のエナメル質

酸に対して大変弱いので

 

炭酸飲料柑橘類酢のものなどを食べると

柔らかくなってしまいます。

 

とはいえ

普通の状態でしたら唾液で中和されるから大丈夫です。

 

けれども

 

だらだら~っと長い時間をかけて飲食したり

酸性の強いものを繰り返し食べたりしていると

 

歯が酸に晒されている時間が長くなり

エナメル質がダメージを受けてしまうんだそうです。

 

f:id:TODAWARA:20200219124856j:plain

歯のエナメル質は酸に弱い!

 

エナメル質がダメージを受け

その下にある象牙がむき出しになってしまうと

沁みたり、痛くなったりしてしまう。

これが酸触歯という状態です。

 

f:id:TODAWARA:20200218165537j:plain

 

 

酸触歯にならないためには

 

酸性の飲食物を口にしたらお茶や水を飲んだりうがいをしたりして

酸を口に残さないようにするのが大事。

 

そして

これは非常に間違えやすい所かと思うので

要注意なポイントなのですが

 

酸性の物を口にした直後というのは

歯がもろくなっているので

 

唾液が歯を修復してくれる時間が経過するまで(最低でも30分以上)

 

歯を磨いては

いけないんだそうです!

 

f:id:TODAWARA:20200219125609j:plain

 

ですから

 

イソジンでうがいをした後には

 

歯に着色をするのを防ぐため

および

歯のエナメル質が溶けるのを防ぐためにも

 

まずは、必ず水で口をすすぐ

 

というのが大切で

 

f:id:TODAWARA:20200219133747j:plain

まずは水で口の中の酸を漱ぎましょう。

 

さらに

 

歯磨きをするのは

 最低でも

30分以上経ってから!

 

ということになります。

 

歯肉炎ばかりではなくウィルスの予防にも役立ってくれる

心強いイソジンですけれども

 

うがいをした後の対処を誤ると

歯に思わぬダメージを受けてしまいますので

気を付けて使いましょうね。

 

 

f:id:TODAWARA:20200219133356p:plain

 

 

 

 

 

 

関連記事のご案内

 

todawara.hatenablog.com

 

 

 

 

 こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

f:id:TODAWARA:20200129165754j:plain

 

 

 

コナン空港とか鬼太郎空港とか縁結び空港とか、最近面白い愛称の空港が増えてきましたよね~

最近は空港にも

色々と愛称が付くことが増えましたよね。

 

f:id:TODAWARA:20200216164507j:plain

 

中部国際空港セントレア

なんだかオシャレでカッコイイイメージだし

 

山形空港庄内空港がそれぞれ

「おいしい山形空港

「おいしい庄内空港

になっているのは

 

まるで双子ちゃんみたいで

山形県名産のサクランボを思わせます。

 

f:id:TODAWARA:20200217130027j:plain

 

同じ県内にある2つの空港で

イメージが統一されていると言えば

 

鳥取県には

名探偵コナン

ゲゲゲの鬼太郎

の名前を冠した

有名漫画キャラクター空港が2つもあって

 

これもインパクトが強いですよね。

 

f:id:TODAWARA:20200216162405j:plain

 

鳥取空港2015年から

 

地元出身の漫画家・青山剛昌さんの人気漫画名探偵コナンにちなんで

 

鳥取砂丘コナン空港

という愛称で呼ばれることになりました。

 

f:id:TODAWARA:20200217131823j:plain

 

空港の中には

「コナン探偵社」(ショップ)があって

名探偵コナンのグッズが買えるのはもちろんのこと「喫茶ポアロもあり

 

あっちにもコナン、こっちにもコナンで

まるでコナンのテーマパーク!

なんだそうですよ。

(すいません、行った事無いので伝聞です)

 

コナンワールドにちなんだオブジェを撮影したり

隠れキャラを探したりして

 

名探偵コナン」ファンの人はもちろん

そうでない人も

飛行機に乗らなくても十分楽しめる場所!

らしいですよ。

 

f:id:TODAWARA:20200217133402j:plain



そして同じく鳥取県にある

米子空港(美保飛行場)

 

防衛省の所有で航空自衛隊が運営している

民共用のこちらの空港は

 

2010年4月から

「米子鬼太郎空港」

になっています。

 

f:id:TODAWARA:20200217135000j:plain

 

2010年といえば

 

ゲゲゲの鬼太郎の作者である

水木しげるさん(鳥取県境港市出身)の奥さん

武良布枝さんをモデルにした

 

NHKの朝ドラ

ゲゲゲの女房(主演・松下奈緒さん)が大ヒットした年でもあり

ナイスタイミングでの愛称でしたね。

 

こちらの空港に到着した後

荷物を受け取るターンテーブルでは

スーツケースに入った目玉おやじが回っているらしいですよ。

 

売店では

鬼太郎Tシャツや目玉おやじキャンディなどを買うことが出来ます。

 

さらに空港内のセブンイレブンでは

ご当地ヒーロー(?)

「ネギマン」の自由帳やバンダナを買うことも出来ます。

 

f:id:TODAWARA:20200217135440j:plain

 

ネギマン。。。

 

ウルトラマンを思わせるヒーロー然とした姿をしているため

最初、私は彼のことを

てっきり、ご当地ヒーローかと思ってしまったのですが

 

調べてみたところ

彼は鳥取県弓ヶ浜半島に突如として出現した

単なる巨大な白ネギなんだそうです。

 

そして

ヒーローと勘違いされそうな姿をしているものの

 

なにしろネギですから何を考えているかは今のところ理解不能で、人類との意思疎通は難しいと考えられます。

(公式サイトより)

 

という事らしいです。

 

なんだそりゃ~!!

 

ちなみに

ネギマンの特撮映像はYouTubeで見る事ができます。

 


ネギマンの歌

 

ネギマン、街を壊しまくっています。

人々がみんな逃げ回っています。

 

全然ヒーローじゃない

っていうか

ほとんど怪獣!!

 


『ネギマン』第1話

 

ネギマンのライバルは

お隣、島根県松江市にある松江城を模した

マツエ・ジョーだという事ですが

 

これは。。。

島根県的にはどうなんでしょうね。。。(^^;)

 

f:id:TODAWARA:20200217135608j:plain

こちらが島根の松江城

 

さて

 

その島根県にあるのが

出雲空港なのですが

 

こちらの空港は

縁結びの神様として知られる出雲大社に近いことから

 

2010年10月

「出雲縁結び空港」

という愛称がつけられました。(霊験あらたか~な感じですね)

 

f:id:TODAWARA:20200217143223j:plain

 

こちらの空港内には

縁起の良いものが目白押し!

 

空港自体がパワースポットなんだそうですよ。

 

 

 到着ロビーでは

縁結び大国様の石像が福々しい笑みをたたえながら

空港に到着した人々を出迎えてくださります。

 

f:id:TODAWARA:20200217142619j:plain

 

ターミナルビルの1階には

大国主命と須勢理比売(大国主の奥さん)になって写真を撮れる

顔出しパネルもあるんですよ。 

 

空港内では絵馬も販売されているのですが

 

願い事を書いて出発ロビーにある絵馬掛けに掛けられた絵馬は

縁結びの神様「八重垣神社」に奉納してもらえるんだそうです。

(有難いですね~)

 

さらにこの空港の嬉しいところは


2階のロビーに
フライトシミュレーター(模擬操縦練習装置)が設置されていて


1回100円~200円で

飛行機の操縦体験が出来ちゃうんです!!

操縦に合わせて操縦席が動く
モーション付きフライトシミュレーターが空港に常設されたのは
全国でも、ここが初めてなんだそうですよ。

(子供から大人まで楽しめます)

 

f:id:TODAWARA:20200217143635j:plain

 

その他にも

徳島阿波おどり空港

とか

「富山きときと空港」

とか

面白い愛称の空港が

日本のあちこちにいっぱい。。。

 

それだけ

日本には面白い見どころがたくさんある!

って事なんでしょうね~。

 

日本全国の空港を巡る旅

なんていうのも

やってみたら楽しいかもしれませんね。

 

 

 

 こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

f:id:TODAWARA:20200129165754j:plain


 

ゴーリキー「どん底」の感想とご紹介~人の世を「どん底」にしてしまうものは、多分、人の心なんだと思います。

今回はロシア(ソビエト)の文豪

ゴーリキーの名作戯曲

どん底

のご紹介と感想を書かせていただきます。

 

f:id:TODAWARA:20200214162610j:plain

 

今どきはゴーリキーなどと言いますと

プロレスラーみたいな姿をした

紫色のポケモンを思い浮かべる人の方が多いようですが

 

こちらのゴーリキーは文筆家で社会活動家でもあった

 

マクシム・ゴーリキー

(1868-1936)

本名

アレクセイ・マクシーモヴィチ・ペシコフ

です。

 

幼くして孤児になり

生きるために様々な職業を転々としてきた、大変な苦労人であることからか

 

ペンネームのゴーリキー

ロシア語で「苦い」という意味なんだそうです。

 

f:id:TODAWARA:20200214150643j:plain

 

その彼が1902年34歳の時に発表した

戯曲どん底は、こんにち彼の代表作とも言われ

 

名匠黒澤明監督1957年

舞台を日本の江戸時代に置き換えて

映画化した事でも有名な作品となっております。

(ペーペル/泥棒捨吉役・三船敏郎 ワシリーサ/大家の妻お杉役・山田五十鈴)

 

どん底 [Blu-ray]

どん底 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2009/12/18
  • メディア: Blu-ray
 

 

------

内容

(かなりネタバレしちゃいます)

 

 

舞台は横暴な初老の男

コストゥイリョフが経営している安宿。

 

そこに、他に行き場の無い「人生どん詰まり」な人々が、淀んだ空気を漂わせながら共同で暮らしている。

 

そこにいる主だったメンバーは

 

錠前屋のクレーシチ

その妻のアンナ

アンナは重病で今にも死んでしまいそうなほど弱っているのだが、夫婦の間に愛情は無く、クレーシチがアンナを気遣ってやることは皆無。

 

「昔、素敵な恋をしたことがある」

と空想話を語る娘ナースチャ

 

アルコール中毒を病んで廃業中の役者

 

かつては豪勢な暮らしをしていたのだが

破産して落ちぶれてしまった男爵

 

子供の時から泥棒をして生きて来た若者ペーペル

 

昔は人気者だったらしいが

殺人を犯して前科者になってしまったというサーチン

 

荷担ぎ人足のクリヴォイ・ゾーブ

その相棒のイスラム教徒アサン

 

肉饅頭売りの中年女クワシニャー

 

妻に浮気されて家出してきた帽子屋ブブーノフ

 

といった人々である。

 

宿の主人コストゥイリョフには

年の離れた若い妻ワシリーサがいるのだが

 

彼女は夫を疎んじ

(死んでほしいとまで思っている)

泥棒のペーペルと浮気をしていた。

 

しかし

 ぺーペルはワシリーサよりも、むしろ

この家でこき使われている彼女の妹

ナターシャに本気でをしている。

 

ワシリーサ、ナターシャの姉妹は共に

ここの地獄のような境遇から自由になりたいと願っていた。

 

しかし

 

ペーペルの心が妹の方にあるのに気付いたワシリーサが

妹に辛く当たったりするので、姉妹の仲は悪い。

 

たまに姉妹の叔父で巡査をしているメドヴェージェフ

この宿を訪ねて来る事もあるのだが

彼は彼女たちの救いには全然ならない。

 

そんな風に

どんよりとした閉塞感に包まれながら生きている彼らの所に

ある時、巡礼の老人ルカがやってきて投宿する事になった。

 

夢も希望も無くし、心の荒みきった人々に

ルカは慰めや励ましの言葉をかけた。

 

ルカが立ち去って行った後

 

人々の心に少しだけ

彼の影響による変化が現れ

明るさが兆すかと思われた。

 

だが

しかし

 

それを打ち消してしまうような悲劇が

突然、彼らを襲うのだった。。。

 

f:id:TODAWARA:20200214152217j:plain

------

 

この戯曲には

人々の個々のエピソードはあるのですが

全体を貫くようなストーリーらしきものはありません。

 

けれども

思わずハッとしてしまうような印象的なセリフが多くあり

 

読み手によって解釈が色々出来るような

非常に深みのある作品だと感じました。

 

今にも死んでしまいそうなアンナに

「安心するがいいよ、あの世にはもう苦しみなんか無いのだからね」

と優しく言い聞かせているルカに向かって

ペーぺルがこう言い放ちます。

 

「おめぇはなかなかえれぇ男だ!嘘のつき方もうめぇもんだし……話もなかなかおもしれぇや!いくらでも嘘をつきねえ、なあにかまうこたあねえ……世の中にゃおもしれえことがすくねえんだから!」

 

ギスギスした現実に押しつぶされそうになっている彼らに

ルカは、人を憐れむことの大切さを説きます。

 

人間は人間に

良い事を教えられるんだよ。

そこにたとえ

嘘や方便があったとしても。

 

彼の存在は、淀んで濁った深い淵に差し込む一筋の月光を思わせます。

 

f:id:TODAWARA:20200214153150j:plain

 

ルカは

「人は真実が大切と言うけれど

真実というものが必ずしも人の魂を救うものではない」

と言い

 

彼らに

「真実の国を信じて不幸になった男」

の話をして聞かせました。

 

それはこんな話です。

 

-----

 あるところに

「この世には真実の国というものがあり、そこには特別な人間が住んでいる」

と、信じている男がおりました。

 

「そこに住む人たちは、みんな立派な人たちばかりで、互いに尊敬し合い、どんなささいな事でも助け合って生きている。何もかもがとても良い国だ」

 

男はいつも

その真実の国を探しに行こうと考えていました。

 

しかし彼はひどく貧乏な暮らしをしていたため

寝っ転がって死を待つほどの、苦しい時が来てしまいました。

 

けれども彼は気を落とさず、にこにこ笑いながら

「大丈夫、もう少し辛抱すれば、真実の国に行けるのだから」

と、それだけを希望に生きていました。

 

ある日、その土地へ

一人の学者が本や地図を持ってやって来ました。

 

男は学者に頼みました。

「どうぞ私に真実の国がどこにあるか、どうしたらそこに行けるか教えてください」

 

学者は本や地図を広げて探したのですが

そこには真実の国など、どこにも見当たりません。

 

f:id:TODAWARA:20200214170030j:plain

 

しかし

男は学者の言葉を信じませんでした。

 

「きっとあるに違いないから、もっと良く捜してくれ」

 

さらに彼はこう言いました。

「もし真実の国が出ていないようなら、お前さんの本や地図はなんの役にも立たない!」

すると学者は腹を立ててしまいました。

「わしの地図はこの上もなく正確なんだ。

元来、真実の国なんてどこにも無いのだ!」

 

「そんな事があるか、おれは辛抱を重ねながらそれがあると信じて生きて来たんだ。それを、地図で見ると無いとはなんだ。このゴロツキ、おまえなんか学者じゃねえや!」

男はそう言って学者を殴りつけると

 

その後

首をくくって死んでしまいました。

 

f:id:TODAWARA:20200214153452j:plain

 

-----

 

彼が夢見ていた真実の国

人々が互いに尊敬し合い、どんなささいな事でも助け合って生きているという場所。

 

そうであるなら

 

彼自身の心がけ次第で

彼のいるその場所が真実の国にもなり得たはずなのに。。。

 

 

 「なあ、爺さん、一体神様ってものは本当にあるのかね?」

 

と尋ねるペーペルに、ルカはこう答えました。

 

「それは、信じればあるし、信じなければ、無いのさ。

なんでも信じるものは、あるのだよ」

 

 

 この宿に燻ぶっている人々のどん底さは

 お金が無いとか家が無いとかいうことよりも

 

人々の間に友情も愛情も尊敬も無いところが

何よりもどん底であるように思います。

 

 

人の世は

各々の心の持ちよう次第で天国にもなり得るのだけれども

 

それが難しいからこそ

どん底」になってしまうのですね。。。

 

 

 

どん底 (岩波文庫)

どん底 (岩波文庫)

 

 

f:id:TODAWARA:20200214160013j:plain

 

 

 

関連記事のご案内

 

 

 トルストイ「人生論」を読んで思った事

todawara.hatenablog.com

 

 

 

 

こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

f:id:TODAWARA:20200129165754j:plain

 

東京方面から電車で鎌倉へ遊びに行かれる方は、ぜひ、帰りに一駅隣の逗子にお立ち寄りになる事をおススメいたします。

東京方面から鎌倉に遊びに行った帰りって

電車が混んでいて、座れない場合が多いですよね。

帰りは座って帰りたいな~とお思いの方には

私はぜひ

一駅先の逗子にお立ち寄りになる事をお勧めしたいです。

 

f:id:TODAWARA:20200211155946j:plain

 

観光地としては、鎌倉や横浜ほど目立つ存在ではありませんが

 

逗子ってすっごくいい所ですよ!

 

にもJRの逗子駅から歩いて15分ほどで行けますし

 

お洒落なカフェやレストランもいっぱーい!

 

しかも、鎌倉より観光客が少ないですから、混雑度もそれほどではなく、入りやすいです。

 

お土産も

 

鎌倉の定番かまくらカスター」

ニュージャーマン

「鳩サブレ―」

豊島屋の支店がありますし

 

JR駅前にあるスーパー「スズキヤ」の1階では

「日影茶屋」の和菓子やケーキを買う事もできます。

 

逗子という町は鎌倉のすぐ隣なので

鎌倉的な雰囲気もあるのですが

 

葉山から先の三浦半島の入り口なので

葉山や三浦半島の有名店があったりする所も大きな魅力です。

 

スズキヤの裏手には

葉山の有名ケーキ店

サン・ルイ島

人気のパン屋

「ブレドール」もあるんですよ。

(ブレドールはイート・インも併設されているのでカフェとしてもgood!)

 

また、オリジナルのビーカーに入った大きなプリンが有名な

秋谷の「マーロウ」の支店も

駅のすぐ近く、なぎさ通り沿いにあります。

 

食べ歩きでは

これまたスズキヤの裏手にあるのですが

亀焼き(鯛焼きの亀さんバージョン)の

「海神亀

京急新逗子駅北口の近くにある

「モーモーズ(moomoo's)」ソフトクリームがおススメです。

 

亀焼きは冷めても美味しかったし

ソフトクリームは横須賀の関口牧場の搾りたて牛乳で作っているんですよ!

 

f:id:TODAWARA:20200211161746j:plain

※イメージです。

 

JR駅前にあるスズキヤスーパーの2階には

「舶来屋」という酒屋さん兼雑貨屋さんがあって

オシャレで便利なリビング雑貨を扱っています。

(有難い事に、ここにはトイレもあります)

 

雑貨屋さんと言えば

スズキヤからもほど近い住宅街の中には

 

「ベイビーズブレス」という一軒家の雑貨屋さんもあって

ものすごく可愛い雑貨や自家製クッキーなども売っています。

(このクッキーがまた、美味しいんですよ~)

 

「ベイビーズブレス」からほど近く

逗子銀座商店街からちょこっと奥に入った所には

 

民家を改造してつくった古書店

「ととら堂」があります。

ここも落ち着いた素敵な雰囲気で、私の大好きなお店です。

 

カフェやレストランは駅周辺に結構あるのですが

土地に不慣れで時間的にあまり余裕がないと

ちょっと、見つけづらいかもしれません。

 

スターバックス(JR駅前)や

マクドナルド(JR駅前交差点)や

ドトールコーヒー(京急駅ビル店)や

モスバーガー(逗子銀座商店街)

あたりはすぐに見つかるのですが

 

地元ならではのオシャレカフェ

モーモーズの横から小道を入ったあたりの住宅街の中だとか

 

少し足を延ばして

海の方に向かって伸びている

シンボルロード沿いだとか

 

京急新逗子駅から田越川沿いに海に向かっていく途中などに点在しています。

(海の周辺にもあります)

 

f:id:TODAWARA:20200211161936j:plain

 

逗子海岸は砂が白く、水の透明度も高く

天気が良ければ江の島の向こうに富士山が見える

なかなかの絶景スポットです。

 

夕焼けの時間には

海上を走るウィンドサーフィンのセイルが

ステンドグラスみたいに見えて

とっても綺麗ですよ。

 

波打ち際では桜貝を拾うこともできます。

 

f:id:TODAWARA:20200211155432j:plain

 

ここで私がお勧めしたいのは

海辺の国道134沿いにあるロードオアシスの近くにある

 

「surfers(サーファーズ)」

というカフェレストラン(海を見晴らす絶景!)と

 

国道134から森戸海岸線に分岐した渚橋の近くにある

 

「なぎさ橋珈琲」

(旧デニーズで、眺めが良くて居心地も良い)です。

 

f:id:TODAWARA:20200211161254p:plain

 

この二つのお店

駅からはちょっと歩くのですが

(位置的にはそれぞれ逗子海岸の両端の、もう少しだけ先といった所です)

 

逗子の海を目の前に眺めながらお茶していると

リゾートに来たなぁ~

って気分に浸れること

間違いなしですよ!(^^)

 

(営業時間や定休日などは、一応確認してから行った方が良いと思います)

 

 

f:id:TODAWARA:20200211160206j:plain

しかも帰りの電車(東京方面行)には、座って帰れる可能性大です。

 

 

 

 

こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

f:id:TODAWARA:20200129165754j:plain


 

与謝野晶子自選「与謝野晶子歌集」のご紹介~散る時も開く初めのときめきを失はぬなり雛罌粟の花

今回は

与謝野晶子(1878-1942)が自らの歌を選び

昭和13年(60歳の時)に刊行した

与謝野晶子歌集」

のご紹介と感想を書かせていただきます。

 

f:id:TODAWARA:20200209095755j:plain

本名は「志よう」。大阪の和菓子屋「鳳」家の三女として生まれました。

 

与謝野晶子と言えば

「みだれ髪」

での情熱的、官能的な歌や

日露戦争出征中の弟に向けて詠んだ詩

「君死にたまふこと勿れ」

などで知られていますが

 

実は、彼女自身

若い時分に作った歌で

自らの歌風をこうだと決めつけられてしまう事には

大変不本意なものを感じていたらしく

 

この本に収められている2963首の短歌の内

23歳から27歳までに詠んだ

「みだれ髪」「小扇」「毒草」「恋ごろも」

などの歌集からは

54首しか選ばれていません。

 

与謝野晶子歌集 (岩波文庫)

与謝野晶子歌集 (岩波文庫)

 

それなのに

表紙に載っているのは「みだれ髪」なので

もしこれを晶子さんが見たら不満を漏らすかもしれませんが。。。

 

本人が書いたあとがきによると

 

彼女が20歳前後で歌を作り始めた時には

島崎藤村薄田泣菫の影響がとても強かったため

若い頃の作品は、泣菫や藤村の模倣に過ぎなかったように思えるのだそうです。

 

そして彼女は

このように書いています。

 

後年の私を「嘘から出た真実」であると思って居るのであるから、この嘘の時代の作を今日も人からとやかくといわれがちなのは迷惑至極である。教科書などに、後年の作の三十分の一もなく、また質の甚しく粗悪でしかない初期のものの中から採られた歌の多いことで私は常に悲しんで居る。

 

さらには

この本に初期の歌が54首入っている事にさえ

 

「実は入れたくなかったんだけれど

出版社が入れろって言うから仕方なしに入れたのよ」

 

というような事を言っています。

 

長く歌を詠んでいて

年を取るごとに円熟味や深みを増した

本当に良いと自分でも思えるような作品がたくさん出来ているのに

 

いつまでも世間の人からは

若い頃の鮮烈なイメージの作品ばかりが

与謝野晶子の代表作」

みたいに言われるのが

どうしても納得いかなかったんでしょうね。

 

f:id:TODAWARA:20200209121117j:plain

 

その気持ちは良くわかりますが

 

若い頃の作品をそんなに卑下しなくても。。。

とも思ってしまいます。

 

「乱れ髪」から選ばれている

この歌とか

やっぱり素敵だと思いますけどねえ。

 

f:id:TODAWARA:20200207151246j:plain

いとせめて もゆるがままに燃えしめよ かくぞ覚ゆる 暮れて行く春

 

詩や短歌の本って、文字数こそ少ないけれども

一編、一首読むたびに、それをじっくり味わう必要があるから

読むのには結構時間がかかりますよね。

 

でも、その分

読んでいる時には、ゆったりした時間が流れているようで

精神的にとても贅沢な気分にさせてもらえます。

 

日常の忙しなさからは切り離されて

心が保養をしている感じ

とでも言いましょうか。

 

ところで

 

この本に収められた短歌をよんでいるうちに

 ひなげしの花を詠んだ歌が多い事に気づきました。

 

 それが目立ち始めるのは

 

「夏より秋へ」(大正3年1914年刊)

という歌集以後です。

 

f:id:TODAWARA:20200207152524j:plain

ああ皐月 仏蘭西の野は火の色す 君も雛罌粟(コクリコ) われも雛罌粟

 

「夏より秋へ」に所収されているこの歌は

1912年(明治45年)

晶子が34歳の時、夫鉄幹の後を追ってパリに行った時の歌です。

 

彼女の夫、与謝野鉄幹は彼女より5歳年上で

10代の時から自他ともに認める

大変なプレイボーイでした。

 

f:id:TODAWARA:20200209102606j:plain

本名は寛(ひろし)。父は僧侶で寛も16歳の時に得度を受けてます。

 

晶子と出会った時

彼はすでにバツイチがおり(その時の妻も前妻も鉄幹が女学校で教師をしていた時の教え子!)

その上

何人もの女性と付き合っていました。

 

それでも好き!!

 

という火の玉のような情熱で結婚した晶子。

 

結婚してからも鉄幹のプレイボーイっぷりは相変わらずだったそうですが

 

幼い頃から源氏物語に親しみ

源氏物語」の現代語訳をライフワークとしていた晶子ですから

 

呆れたり妬いたりはしながらも

光源氏さながらの夫の行状

決定的に愛想を尽かさないくらいの理解はあったのかも知れませんね。

 

さらに

 

晶子が歌人として有名になるにつれ

鉄幹は歌人、詩人としてのスランプに陥ってしまい

うじうじするところもあったらしいですが

 

それでも好き!!

 

とばかり

スランプに燻ぶる夫を救うため

フランスに遊学させてあげます。

 

その後まもなく

彼のいない寂しさに耐えかねたのか

それとも

恋の都パリにあの夫を長期間放流してしまうことに危険性を感じたのか

 

晶子は7人の子供たちを日本に置いて

彼の後を追い

フランスへと旅立ったのでした。 

 

その時の旅で、夫と二人で見た満開のひなげし

彼女の心に、よほど強い印象を残したのか

 

これ以降

ひなげしの花を詠んだ歌が非常にたくさん出て来ます。

 

 

f:id:TODAWARA:20200207153420j:plain

ひなげしは夢の中にて身を散らす われは夢をば失ひて散る

 

 燃えるように鮮やかに咲き

ほんの微かな風のうごきにハラリと散ってしまう

ひなげしの花

 

そんな花に

彼女は何か、自分に重なるものを見ていたのでしょうか。。。

 

 

f:id:TODAWARA:20200207162108j:plain

ひなげしは たけなはに燃ゆ あはれなり 時もところも 人の忘れて

 

パリに続き、ロンドン、ウィーンなどを歴訪し、帰国した夫妻は

ヨーロッパの先進的な思想に魅せられていました。

 

その強い影響のせいか

 

その後生まれた四男は

「アウギュスト」

五女は

「エレンヌ」と名付けられてしまいます。

(※アウギュスト君は、後に「いく」に改名しました)

 

 

夫の浮気やスランプや

選挙に出て落選だとかなんだとか

色々あっても

晶子は鉄幹LOVE!!をつらぬき

 

夫婦の間には子供が12人という

おしどり夫婦でした。(残念ながら一人は亡くなってしまいましたが)

 

 

f:id:TODAWARA:20200208204606j:plain

散る時も開く初めのときめきを 失はぬなり雛罌粟の花


 

鉄幹の長~いスランプ時代、与謝野家の家計は

晶子が孤軍奮闘しながら、ようやっと支えていました。(なにしろ子沢山の大家族ですからねぇ~)

 

結婚してから40歳過ぎまで

ほとんどの期間

妊娠中産後の大変な状態

そんな体で大勢の子育てや家事をしながら文筆仕事までこなしているのですから

 

晶子さん

恐るべき

スーパーウーマンです!!

(◎_◎;)

 

それなのに

 

ここに載っている歌には

そんな生活の苦労なんて全然見えない所がスゴイです。

 

彼女の歌の源泉となっている精神世界には

生活とは切り離された豊かさがあったんですね。

(芸術家って、そういうものなのかもしれませんね)

 

 

与謝野家はかなりひんぱんに旅行に行っていたようで

旅や温泉の歌もたくさん出てきます。

 

 

f:id:TODAWARA:20200208152745j:plain

はやぶさの翅(はね)のはやさに舞ひくだる 華厳の滝の千尺の水

 

ほとんど一家の大黒柱となりながら家事育児をこなし

5万首もの歌を詠んで

さらに

女性の権利向上のための評論活動や

源氏物語」の現代語訳もするなど

 

大変エネルギッシュに活動した彼女ですが

 

彼女の詠む歌には

肩ひじ張ったような所は全く感じられず

 

まったりと一緒に観光して

仲良く一緒に温泉に浸かっているような気分になります。

 

 

f:id:TODAWARA:20200207161226j:plain

身浸れば 床の広きにひるがへる 温泉(いでゆ)の波の くちなしの色

 

 

最愛の夫鉄幹は

昭和10年に気管支カタルが元になり

62歳で亡くなってしまいました。

 

 

 この本の巻末には

彼の死後に詠まれた挽歌集

「白桜集」が収載されています。

 

 

f:id:TODAWARA:20200207201316j:plain

我が見るは 由比が沙浜(すなはま) 悲しみに くれて曇れるかまくらの海

 

そこには

まるで片翼を捥がれてしまった鳥のように

痛切な悲しみに満ちた歌たちが並んでいます。

 

 

f:id:TODAWARA:20200207202509j:plain

君知らで終りぬ かかる悲みも かかる涙も かかる寒さも

 

鉄幹の死から5年後となる昭和15年

晶子は脳出血のため右半身不随になり

以降、病床生活を送ることになります。

 

その2年後昭和17

彼女は荻窪の自宅で亡くなりました。

享年63歳。

 

 

与謝野晶子、鉄幹夫婦のお墓は

 多磨霊園に仲良く並んで建てられています。

 

 

f:id:TODAWARA:20200208205655j:plain

 

 

 

 

関連記事のご案内

 

 

 島崎藤村

todawara.hatenablog.com

 

 北原白秋

todawara.hatenablog.com

 

 

 

こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

f:id:TODAWARA:20200129165754j:plain