TODAWARABLOG

戸田蕨です。小説書いてます。よろしくお願いします。

「孫子」で知られる名兵法家・孫武の「人となり」が窺える怖い話。

優れた兵法書として昔からよく知られている

孫子

という書物がありますよね。

 

これを書いたのは

中国の戦国時代(BC5世紀〜BC221年ごろ)生きた

孫武(そんぶ)という兵法家です。

 

f:id:TODAWARA:20210917123502j:plain

 

この孫子という書物

少し前までは

彼の子孫にあたる孫臏(そんぴん)が書いたのではないか?

という説もあったのですが

 

1972年山東省の銀雀山漢墓という古墳から出土した、二つの兵法書(「孫子」と「孫臏兵法」)から

 

現在では

孫臏が書いたのは「孫臏兵法」の方で

 

孫子孫武が書いた物である

明確に区別されています。

 

──── さて

 

その

孫武(尊称・孫子)

について

彼の人柄の一端を伝えるものとして

私が非常なる衝撃をもって受け止めたエピソードがありますので

今回はそれをご紹介したいと思います。

 

f:id:TODAWARA:20210917150435j:plain



斉の国出身の孫武は、兵法に大変優れていたため、呉の国の闔閭(こうりょ)王に召し出されました。

 

「そなたが書いた兵法書十三篇、全部読んだぞよ。一つ、試しに練兵を見せてくれぬか」

 

f:id:TODAWARA:20210917133849j:plain

 

「承知いたしました」

「それは女子でも出来るのかの?」

「できますとも」

 

f:id:TODAWARA:20210917132438j:plain

 

孫武は宮中の美女達を駆り出して、

特に王がお気に入りにしている寵姫二人をそれぞれの隊長として二手に分け

全員に矛を持たせて訓練を施しました。

 

f:id:TODAWARA:20210917141648j:plain

 

「前と言ったら胸を見よ。そして、左と言ったら左を、右と言ったら右を、後ろと言ったら背中の方を見よ。良いか」

「はーい♡」

 

号令を伝え終わると、孫武はマサカリを持ってきて

さらに、全員にわかるように、号令の説明を繰り返しました。

 

そして

いよいよ太鼓を鳴らし、号令をかけました。

「右!」

しかし、女たちはケラケラクスクス笑い出すばかり。

 

f:id:TODAWARA:20210917144121j:plain

 

「私の説明の仕方が、ちとわかりにくかったかもしれぬな。すまん、すまん」

 

そして、彼は先ほどと同じように

何度も号令の仕方を繰り返して教えました。

 

そうして再び

彼は太鼓を鳴らして号令をかけました。

「左!」

 

ところがまたしても

女たちはキャッキャ、ウフフと笑ってばかり。

 

f:id:TODAWARA:20210917145319j:plain

 

「先ほどは、私の落ち度であったが────」

孫武は言いました。

「──今度は違う」

 

f:id:TODAWARA:20210917124138j:plain

 

彼はマサカリを手に取ると

 

「もう全員が号令の事は充分に理解しているはず。号令通りに動かないのは、隊長の責任である」

 

そう言って隊長役の二人の寵姫を斬ろうとしました。

 

f:id:TODAWARA:20210917113116p:plain

f:id:TODAWARA:20210917142844j:plain

 

「ま、ま、ま、待ってくれ!」

 

観覧席の闔閭王が、慌てて伝令を飛ばしました。

 

「そなたの優れた手腕はもうわかったから、彼女たちを斬るのだけは止めてくれ。その二人がいなくては、わしはもう、食事も喉を通らなくなってしまうのだ……!」

 

f:id:TODAWARA:20210917133708j:plain

 

ところが

孫武は、その言葉には耳も貸さず

 

「一たび将軍として任命を受けましたからには、たとえ君命と言えどもお受けできない事があるのです」

 

そう言うなり

二人の寵姫を

斬り捨ててしまいました。

 

f:id:TODAWARA:20210917145442j:plain

 

それから

彼女たちに次ぐ美女を二名、隊長として指名し

太鼓をたたいて号令を下しました。

 

「左!右!前!後!────」

 

女たちは咳一つ漏らすことなく

サッサッサッサッ、整然と動きだしました。

 

f:id:TODAWARA:20210917150715j:plain

 

孫武は王に伝令を出し、こう伝えました。

 

「練兵はすでに整いました。こちらに降りて来てお試しいただきたい。王が命令されれば彼女たちは、たとえ火の中、水の中にでも行く事でしょう」

 

しかし王は、はなはだ気分悪げな様子で

 

「いや、予はもういい……。そなたは宿に帰って休息されよ」

 

f:id:TODAWARA:20210917134333j:plain

 

そんな王に向かい孫武は言いました。

 

「どうやら王様は、兵法の理論だけはお好みのようだが、実践の方は苦手であらせられるようですな」

 

f:id:TODAWARA:20210917130150j:plain

 

こうして闔閭王は

孫武の卓越した軍事的手腕を認め

呉の将軍として採用することにしたのです ────

 

f:id:TODAWARA:20210917201449j:plain

その疾(はや)きこと風の如く、その徐(しず)かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し──

 

 

これは史記の中にある

孫子呉起列伝」という所で紹介されているエピソードなのですが

 

いやはやなんとも、

峻厳と言うか冷徹と言うか……

 

この

一切の甘さを許さず徹底したところ

背筋が凍るほどの凄まじい人ですよねぇ……。(◎_◎;)))

 

 

f:id:TODAWARA:20210917152345j:plain



 

関連記事のご案内

 

 

呉の闔閭(こうりょ)王に仕えた人と言えば、伍子胥(ごししょ)もいます。

todawara.hatenablog.com

 

蘇秦の合従策VS張儀の連衡策

todawara.hatenablog.com

 

 

 

こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

f:id:TODAWARA:20210813210443j:plain



f:id:TODAWARA:20210805162947j:plain

 

 

 

f:id:TODAWARA:20210805163002j:plain

 

「菜根譚」~400年の歳月に裏打ちされた処世の指南書は、ためになる言葉が目白押し!

無人島に一冊持っていくなら「歎異抄

司馬遼太郎はそう言ったそうですが

私でしたらここで

菜根譚

ぜひ推したい!

 

f:id:TODAWARA:20210913155325j:plain



菜根譚(さいこんたん)というのは

 

今から400年近い昔

中国、明朝末期に生きた

洪自誠(こうじせい)という文人が著した

 

人生の教訓書

 

現代で言う所の

自己啓発みたいな本です。

 

f:id:TODAWARA:20210914104734j:plain

 

前集が222条

後集が135条

短い言葉から成っていて

 

主として

前集には人の世に生きていく上でのアドバイス

後集には閑居の楽しみ方などが説かれています。

 

f:id:TODAWARA:20210914103333j:plain

 

書名の意味は

朱子学の祖、朱熹が書いた「小学」という本の中で紹介されている

汪信民(おうしんみん)という人が言った言葉

 

「人は常に菜根を咬み得ば、すなわち百事なすべし」

 

から採られています。

 

この言葉には、現在色々な解釈がされているのですが

 

野菜の根っこを食べるような貧しい生活に耐えられる人であれば、何事をも成就することが出来るであろう。

ですとか

堅くて筋の多い野菜の根っこを苦にせず、よく咬み得れば、世の中の真の味をも理解できるであろう。

といったところが、一般的な解釈であるようです。

f:id:TODAWARA:20210913155200j:plain


著者である

洪自誠という人は

 

万暦(ばんれき)年間(1573-1620年…日本は戦国~江戸初期)ごろに生きた人で

菜根譚の他には「仙仏奇蹤」という本を著しているのですが

 

人柄や経歴など

詳しいことはわかっておりません。

 

講談社学術文庫刊の「菜根譚」で解説を書いておられる中村璋八博士は、彼について

 

明朝末期に弾圧されて隠遁生活を余儀なくされた

東林学派近しい人物だったのではないか?

 

と推測されています。

 

明朝末期

儒学者顧憲成(こけんせい)は、皇帝・神宗(万暦帝)の悪政を諫めたがために勘気をこうむり、追放されてしまいました。

 

その顧憲成が正義を掲げて興した、反権力の学派

東林学派(東林党)です。

 

神宗の孫・熹宗(天啓帝)の時

 

帝に気に入られた宦官の魏忠賢(ぎちゅうけん)が権力を握り

政権に近しい非東林党の者たちと結託し、東林党を圧迫、殺戮しまくりました。

 

菜根譚」の著者である洪自誠

この時に圧迫された東林学派に近い

潔癖なアウトサイダーだったのかも ──

 

この当時、官吏として登用されるには儒教の知識が必要でしたから

基本的には儒者ではあったものの

 

心の拠り所であった東林学派が弾圧され、隠遁せざるを得なくなり

そのため

彼の心は、道教老荘思想仏教の禅の思想に向かって行ったのでは……?

 

そのように

中村先生は解説されています。

 

f:id:TODAWARA:20210914132325j:plain

 

人間が普遍的に理想として追い求めるものとして、よく

真・善・美

という事があげられますよね。

 

このうち

「何が本当になのか」

という事などは、難し過ぎてなかなか、そう簡単にはわかるようなものではないと思いますが

 

き生き方はしい」

というのは

断言できる事なのではないでしょうか?

 

だって

邪悪な人の生きざまよりは

善良な人の生きざまの方が

傍目から見ていても、ずっと美しく感じられますものね。

 

この菜根譚という本は、そんな

「善き生き方」

をするための

 

道しるべとなり得る本なのではないかと思います。

 

f:id:TODAWARA:20210914133921j:plain

 

儒教にしても

道教にしても仏教にしても

 

それぞれが説くところには

「なるほど……」

と思う所もあるのですが

 

お坊さんや仙人ではない

普通の一般人が実践するのには

ちょっと

「極端すぎて無理!」

っていう所がありますよね。

 

f:id:TODAWARA:20210914164346j:plain

 

この菜根譚という本では

著者洪自誠の中でブレンドされた仏教、儒教道教の教えが

 

実際の生活と無理なく折り合わせながら、実践できるように提示されています。

 

400年近くも昔に書かれたものでありながら

普遍的に有効な内容であるために

ずっと読まれ続けている本書は

 

現代を生きる私たちにとっても、大変に実用的な書であると思います。

 

f:id:TODAWARA:20210913161252j:plain

 

それでは

菜根譚」の中から

いくつかの言葉をご紹介いたしましょう。



権勢や利益、粉飾や華美には、近づかないのが「潔白な人」で

近づいたとしても、その悪い色に染まらないのが「最も潔白な人」である。

 

世俗の悪知恵などは知らないでいるのが「高尚な人」で

知っていたうえでも、使わないでいる人が「最も高尚な人」である。

 

 

勢利粉華は、近づかざる者を潔(きよ)しと為し、之に近づけども染まらざる者を尤(もっと)も潔しと為す。

 

智械機巧は、知らざる者を高しと為し、之を知れども用いざる者を尤も高しと為す。

 

 

「前集」№4

 

f:id:TODAWARA:20210913145149j:plain


「こういうコトをすれば成功するよ!」

なんて甘~い文句で人を誘い

人を食い物みたいにしながらお金儲けを企む人々が、世間にはワンサカいますけど

 

たとえ貧乏をしていたって

そんな悪どい金儲けの方法なんかは

知らないでいる方がよっぽど

人間として上等!

 

さらに

 

(悪者に騙されないためにも)

悪の手口は充分に知った上で

「それでも決して、その手口を使わない」

っていうのが

人間として最上級!

 

────たしかに。

ほんと、そう思います。

 

悪知恵に長けていて

いつも虎視眈々と何かを狙っているような人っていうのは

物語の登場人物としては面白いんですけど

 

自分の身近には

絶対にいて欲しくないな~

って思いますものね。

 

 

幸せというのは

問題事が少ない状態こそが最も幸せであり

 

わざわいというのは

考えるべき事が多い状態である事こそが一番のわざわいである。

 

普段、問題ごとに苦しめられている人だけが

「問題ごとの少ない事こそが幸せなんだなあ……」

と知り

普段、心を平静に保っている人だけが

「考え事の多い状態は災難だ……」

という事を知っている。

 

 

福(さいわい)は事すくなきより福なるはなく、禍(わざわい)は心多きより禍なるはなし。

 

ただ、事に苦しむ者のみ、はじめて事少なきの福たるを知り、

ただ、心を平らかにする者のみ、はじめて心多きの禍たるを知る。

 

「前集」№50

 

f:id:TODAWARA:20210913145409j:plain

 

平穏無事な日常が続いていたりすると

「退屈だな~、つまんないな~」

なんて思って

 

ついつい、ドラマみたいな波乱万丈を夢見たりしてしまいがちなんですけど

 

平穏無事な日常を送れるのって

本当は

とっても幸せな事なんですよねえ。

 

そんな事って

面倒くさいイザコザに巻き込まれてしまった時なんかに、はじめて、つくづく思い知らされたりするんですが

 

つつがなく、ボンヤリ生きていけるような時には

「これこそが幸せ」だとは

なかなか実感できないものなんですよね……。

 

 

たとえ十語ったうちの、九までがあたったとしても、

世間の人々からは必ずしも「スゴイ人」だとは思われない。

 

たった一つあたらない言葉があったら、そのせいで非難が集中してしまう。

 

十のはかりごとのうち、九つまでが成功したとしても、世間の人は必ずしも「功績のある人」だとは見なしてはくれない。

 

たった一つのはかりごとが失敗したら、たちまち誹謗中傷の嵐である。

 

だから

 

君子たるものは、むしろ

騒ぎたてるよりは黙っていた方が良く

 

うまく立ち回るよりは

むしろ

拙い方が良い、といった理由である。

 

 

十語(じゅうご)の九あたるも、いまだ必ずしも奇と称せず。

一語あたらざれば、すなわち愆尤(けんゆう)ならびに集まる。

 

十謀(じゅうぼう)の九成るも、いまだ必ずしも功を帰せず。

一謀成らざれば、すなわち訾議(しぎ)むらがりおこる。

 

君子はむしろ黙なるも躁なることなく、

むしろ拙なるも巧なることなきゆえんなり。

 

「前集」№72

 

f:id:TODAWARA:20210913174150j:plain

 

優等生で、誰からも「良い人」だと見られているような人が、たった一つ「らしくない面」を見せたりすると

 

「そんな人だとは思わなかった!幻滅!」

なんて言われてしまい

 

普段、みんなから悪い人だと思われているような人が、たまたま何か一つ良い事をすると、

 

「本当は良い人だったんだ」

なんて

評価が爆上がりする事って

よくありますよねぇ……。

 

なので

 

あんまり普段から

「良い人」「優秀な人」「素敵な人」

だなんて

思われないように心がけた方が

実は

むしろ、良いのかも知れません。

 

 

俗世間から抜け出て高節を守る人の風流は、すべて自分の心のまま、悠々自適でいるところにある。

 

ゆえに

酒は、人に無理に勧めないところにこそ歓待の心があり、

碁も、あえて勝敗を争わない方が良いとする。

 

笛は穴の無いものこそが本来の音に適うものとし、

琴は弦の無いものの方が優れているとする。

(目の前に見えているものよりも、心が大事)

 

会合は前もって期日を約束していないで会うものこそが真実の気持ちからのものであり、

客の接待も送り迎えなどしない方が気楽である。

 

もし、ひとたび形式的なしきたりだとか、前例だとかいったものに拘ってしまえば、

たちまち俗世間の気苦労にまみれてしまうだろう。

 

 

幽人の清事は、すべて自適するにあり。

ゆえに、酒は勧めざるをもって歓となし、棋は争わざるをもって勝となす。

 

笛は無腔をもって適となし、琴は無弦をもって高となす。

 

会は期約せざるをもって真卒となし、客は迎送せざるをもって坦夷となす。

 

もし、一たび文に牽(ひ)かれ迹(あと)に泥(なず)なば、

すなわち塵世(じんせ)の苦海に落ちん。

 

「後集」№96

 

f:id:TODAWARA:20210914081007j:plain

 

形式よりも真実の心が大事

って事ですが

 

これ、わかりますよね~。

 

職場の飲み会なんかにしても

本当に気心の合った同士が「会いたい」という気持ちで集うのなら楽しいんですけど

 

上司や先輩に気を使って

堅苦しい形式にかんじがらめになっちゃっている席となると

 

憂鬱以外の何物でもありませんものね。

 

形式やマナーや伝統といったものも

それなりに意味がある場合もありますから

「全くいらない」

とまでは言いませんけど

 

それと「真心」のどちらが上位に来るのかと言えば

 

やっぱり

真心の方が大事ですよね!

 

f:id:TODAWARA:20210915100738j:plain

 

菜根譚

本家の中国では何故か

あまり読まれてはおらず

 

日本の方で広く愛読され続けています。

(中国人よりも日本人の心にピッタリきたのかも知れませんね)

 

江戸時代に

林蓀坡(はやしそんぱ 蓀瑜・そんゆとも言う)

という金沢藩の儒学者

江戸に留学中にこの書に出逢い

 

通常の儒者とは言う事が一味違う

著者・洪自誠の卓越した識見に感動し

 

文政5(1822)年

刊行して以来

 

今日まで、多くの人に愛され

盛んに読まれ続けています。

 

f:id:TODAWARA:20210915101227j:plain

────と

 

ここまで書いて来て思ったのですが

 

世間を渡って行くに際してのあれやこれやなど

人間関係に関してのアドバイスがメインの本書は

 

人っ子一人いない無人に持っていくのには

ちょっと向いていなかったかもしれません。

 

かと言って

 

浄土真宗の教えに関して

親鸞聖人様の教えと違う事言ってる人がいます~ヒドイ」

と訴えている歎異抄

そんなに向いてるかな~……?

個人的には思います。

 

f:id:TODAWARA:20210914081836j:plain


無人島に、たった一冊持っていくのであれば

やっぱり

 

食べられる野草や海の生物

だとか

火の熾し方などが丁寧に説明されている

 

「サバイバル術のノウハウ本

 

一番良いんじゃないでしょうかね。

 

 

 

 

関連記事のご案内

 

 

健康長寿の秘訣本・貝原益軒「養生訓」

todawara.hatenablog.com

 

実用的な幸福指南書・ラッセル「幸福論」

todawara.hatenablog.com

 

社長さん、政治家さん、必読の書「貞観政要

todawara.hatenablog.com

 

 

 

こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

f:id:TODAWARA:20210813210443j:plain



f:id:TODAWARA:20210805162947j:plain

 

 

f:id:TODAWARA:20210805163002j:plain

 

 

 

 

 

初秋に甘く香る蔓性の白い花・仙人草(センニンソウ)について

9月ですね。

 

ここ横浜では

蝉の声が聴かれなくなるのと共に

草の色もこころなしか柔らかくなり

初秋らしさが増してきたように思えます。

 

先日、自転車に乗っていたところ

線路わきのフェンスに綺麗な白い花がびっしりと絡まりながら咲きほこり

甘い、清楚な香りを放っているのに出くわしました。

 

f:id:TODAWARA:20210908111655j:plain

 

あまりに素敵だったので、スマホで写真に撮って来たのですが

 

さて、この花は

一体何という花なのか???

 

「初秋 白い花 蔓性」

「秋の花 白 蔓 香りが良い」

 

などという言葉で検索してみても

 

一向にこの花らしき情報には辿りつけないんですよ……。(-"-;)

 

f:id:TODAWARA:20210909181552j:plain

 

小一時間パソコンと問答を繰り返し

画像検索から探してみた末

ついに

 

この花は

仙人草という植物である

という事が判明いたしました。

 

名前のわからない花を特徴から検索して

逆引きで探り当てるのって

ナカナカ難しいですよねぇ……。

 

f:id:TODAWARA:20210908111909j:plain

 

仙人草(センニンソウ)

 

キンポウゲ科

 センニンソウ(クレマチス)属

 

・北は北海道、南は沖縄まで、全国各地に分布している蔓性の多年草

 

・開花時期は7月〜10月

 

・世界中に300種 日本だけでも20種類以上ある

 

 

「仙人草」という名前の由来

 

から伸びる長~いヒゲ

まるで仙人を思わせるところから

来ているんだそうですよ。

 

どれどれ……と

フリー素材サイトから種の写真を探してみました。

 

f:id:TODAWARA:20210908114134j:plain

 

な~るほど〜……

 

白くて長いドジョウ髭が

まるで仙人様のようですね!

 

f:id:TODAWARA:20210909101159j:plain


センニンソウ

  イコール

クレマチス

 

ということで

 

ここに属する仲間の内で

特に花の綺麗なもの品種改良されたり園芸品種となって

クレマチスと呼ばれているそうです。

 

f:id:TODAWARA:20210909114719j:plain

 

f:id:TODAWARA:20210908114316j:plain

 

f:id:TODAWARA:20210909115403j:plain

 

クレマチスの花々

美しいですね~。

 

これら園芸用クレマチスの元となったのは

カザグルマテッセンといった

センニンソウ属(クレマチス属)の中にいる仲間達なのですが

 

園芸の場では園芸用クレマチスを総称して

カザグルマとか「テッセン」と呼ぶ事も多いようです。

 

f:id:TODAWARA:20210909135543j:plain

カザグルマ」……花びらのように見えるガクは基本8枚

f:id:TODAWARA:20210909140131j:plain

「テッセン」……中国原産。花は白、ガクは6枚

 

仙人草花期夏~初秋なのですが

 

園芸品種のクレマチスは種類が沢山あるだけに

春夏秋冬それぞれの時期に応じて

花が楽しめるものがあるそうですよ。

 

f:id:TODAWARA:20210909120040j:plain

 

さて

これら華やかな園芸用クレマチス達のナカマであるところの仙人草

 

純白の清楚な美しさ

爽やかな甘い香りで私たちを楽しませてくれるのですが

 

実は

 

思わぬ危険性を持っていたりします。

(クレマチス属共通の危険性!)

 

プロトアネモニンという刺激性の毒性成分が含まれているために

 

茎や葉のや濡れた花粉に触れたりすると

皮膚に

炎症かぶれを起こしてしまうんだそうですよ!

f:id:TODAWARA:20210908115039j:plain

 

あっっぶなーっ!!

 

うわぁぁぁぁぁ

良かった~っ

「摘んで帰ろう ♪」

なんて思わなくって!!(◎_◎;)

 

 

そのようなマイナス面があるために

仙人草は

牧草地では有害植物という扱いを受けていて

 

ウマノハオトシ(馬の歯落とし)

ウマノハコボレ(馬の歯こぼれ)

ウマノハカケソウ(馬の歯欠け草)

ウマクワズ(馬食わず)

 

f:id:TODAWARA:20210908113630j:plain

「絶対食べたくない!!」

 

ウシノハオトシ(牛の歯落とし)

ウシノハコボレ(牛の歯こぼれ)

ウシノハカケソウ(牛の歯欠け草)

ウシクワズ(牛食わず)

 

f:id:TODAWARA:20210908113735j:plain

「怖いよ~……」

 

── そんな

別名が付けられているんだそうです。

 

f:id:TODAWARA:20210909143016j:plain

 

さてさて

 

妖精のように可憐で清楚な見た目に似合わず、意外とエゲツナイ毒を持っている仙人草

 

そんな仙人草の花言葉は ──

 

 

・「安全」!

 

f:id:TODAWARA:20210909145807j:plain

・「無事」!

 

f:id:TODAWARA:20210909151126j:plain

 

・「あふれるばかりの善意」!

 

f:id:TODAWARA:20210908115654j:plain

 

──── だそうですが……

…………いやはや……なんと言いますか……

 

ことごとく

 

なんでやねん!!

( ;`ー´)ノ

 

って感じですよね……。

 

f:id:TODAWARA:20210908115729j:plain

f:id:TODAWARA:20210909102027j:plain



 

 

 

関連記事のご案内

 

 

こちらは危険度Max!エンジェルトランペットについて

todawara.hatenablog.com

 

意外と話せばわかるヤブガラシさん

todawara.hatenablog.com

 

ツタには絶対甘い顔を見せちゃダメ!

todawara.hatenablog.com

 

 

 

こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

 

f:id:TODAWARA:20210813210443j:plain

 

 

f:id:TODAWARA:20210805162947j:plain

 

 

f:id:TODAWARA:20210805163002j:plain

 

 

 

 

 

 

 

家事をしながら音楽を聴きたかったのでコードレスイヤホンを買いました。

家事をやりながら音楽を聴きたい……

 

掃除やら洗濯やらご飯づくりやらの

七面倒くさい作業中だって

 

音楽さえ聴いていれば

心の中はパラダイス!

 

f:id:TODAWARA:20210906150831j:plain

 

── という事で

 

私は家事をやる時に

エプロンのポケットにウォークマンを入れて音楽を聴いている事が多いのですが

 

f:id:TODAWARA:20210906140551p:plain

この長ーーーいコードが、何かと引っかかってきたりして邪魔くさいんですよねえ。

 

そんな風に感じている折

 

ついにコードのどこかが断線してしまったのか、ブチブチ雑音が入ったり、片方の音が聞こえなくなって来たりしたので

 

コードレスイヤホンが欲しい!

とつくづく思ったのでした。

 

f:id:TODAWARA:20210906114915j:plain

愛用のウォークマン

 

ということで

 

早速、ノジマ電機にて

買ってまいりました。

 

店員さんに

「まあ、この辺が一般的ですねー」

とお勧めされるままに

 

(株)オウルテック

ワイヤレスステレオイヤホン

 

お値段は2600円ほどでした。

 

f:id:TODAWARA:20210906130927j:plain

 

コードレス(ワイヤレス)イヤホンは、なぜコード無しで大丈夫なのか?

と言うと

 

ウォークマなりスマホなりパソコンなりの

音を発する側の機器に

Bluetooth(ブルートゥース)

という

デジタル機器用の近距離無線通信が備わっているからなんです。

 

(箱の右上に付いているのがBluetoothのマークです)

 

f:id:TODAWARA:20210907090758j:plain

 

なので

 

Bluetoothが入っていない機器には使えないのでご注意ください。

 

f:id:TODAWARA:20210906173049j:plain

こういうのにはさすがに無理。

 

こちらが

買ってきたイヤホンの本体。

 

f:id:TODAWARA:20210906131447j:plain

 

左右のイヤホンがコードで繋がれていて

マグネットでピッタンコ!ってくっ付く仕様になっています。

 

コードの間にコントローラーがあります。

 

完全にコードが無いバラバラの物だと、落としたり無くしたりするんじゃないかと心配になりますけど

これだったらその点は大丈夫そうですね。

 

そして当然ながら

ウォークマンと繋がる長ーーーーいコードは無いので

スッキリしています!

 

《初期設定など》

 

新品のイヤホン

まず

付属のケーブルパソコンとつなぎ

充電をしてあげる必要があります。

(カラッポ→満タンになるまでは1時間30分ほどかかります。満タン時に再生できる時間は8時間です)

 

f:id:TODAWARA:20210906131659j:plain

 

「充電されたよ」とか

「電池の残量が足りないよ」とかを報せるのは

真ん中の電話マークボタン(電源の入切等に使うボタン)の近くにある小さい点。

 

ここが

充電中には赤色

満タンになると青色に点灯します。

 

f:id:TODAWARA:20210906133316j:plain

 

「+」ボタン

短押しでボリュームを上げる

長押しで「次の曲を再生」

 

「-」ボタン

短押しでボリュームを下げる

長押しで「今の曲の先頭に戻る」

になります。

 

ボリュームに関しては

どうやら

ウォークマンのボタンではなく

イヤホンの方のボタンでのみ

上げ下げが出来るようになるみたいです。

(ウォークマンの方ではボリューム調整が出来なくなりました)

 

充電が完了したら

パソコン、ケーブルから外し

 

イヤホンの片っ方を耳に入れて

電話マークボタン長押しして

電源をONにします。

(パワーオンしたよ!という音声が聞こえます)

 

 

次に

ウォークマンBluetoothを起動し ──

 

f:id:TODAWARA:20210907081720j:plain

 

「機器登録(ペアリング)」を選択します。

 

f:id:TODAWARA:20210907081325j:plain

 

電話マークボタン長押しして

ウォークマン側に

コードレスイヤホンの機器情報を登録(ペアリング)させます。

 

これにて初期設定は完了!(^_-)-☆

 

 

《使い方など》

 

ペアリング登録がされた後は

 

イヤホン側の電源をオフ(電話ボタン長押しすると「パワーオフしたよ」と音声が流れる)すると

自動的にウォークマンイヤホンとの接続が切れます。

 

聴くときには

 

イヤホン電源を入れる(パワーオンの音声)

    ↓

ウォークマンBluetoothを起動

「オーディオ機器接続」を選ぶ

    ↓

双方が感応し接続が完了して使えるようになる

 

──と

このような流れになります。

 

この辺の所

慣れるまでは、いちいち、なんかちょっと面倒くさい感じなんですが

 

これも「慣れ」なんでしょうね……(^^;)

 

なお

 

電池の残量が少なくなった時には

あの小さい点に赤色が点滅して

音声でもしらせてくれるんだそうですよ。

 

f:id:TODAWARA:20210907141449j:plain

「電池もう無いぞー!」

 

─── と

このような初期設定を全て終えたのちに

 

台所で調理をしながら気分よく音楽を聴いていた所

 

突然!!!!

 

曲が異常に早くなったり

聞こえなくなったりという

怪現象に見舞われてしまいました!!!!

 

f:id:TODAWARA:20210907090137j:plain

 

どうやら

電子レンジを使用中に近くにいると

こんな風におかしくなっちゃうみたいです。

 

これ以外にも

 

他のBluetoothを使っている機器だとか

ルーターなんかのWi-Fi機器だとか

電話の子機なんかが近くにあっても変な風になる、って話だし

 

ウォークマン本体があまり遠くにありすぎたり

本体とイヤホンとの間に

コンクリート金属みたいなものがあったりするのも良くないらしいですよ。

 

 

f:id:TODAWARA:20210906142106p:plain

 

 

そんな感じで

 

今までのイヤホンとは違い、色々と気を付けなきゃならないことは多いみたいなんですが

 

やっぱり

あの長ーーーいコードが無いだけで

ずいぶんと不自由さから解放されたような気はします。

 

庭木の世話をする時にも

布団の上げ下ろしの際にも

コードが引っかかったりしないから快適!

 

嫌で嫌でたまらない七面倒くさい家事も

お蔭で

楽しくサクサク

こなすことが出来るようになる……ような気がします!

(なんとなく)

 

f:id:TODAWARA:20210906194911j:plain



 

関連記事のご案内

 

ガラケーのマイクロSDに入れていた写真や動画をパソコンに転送する方法

todawara.hatenablog.com

 



 

こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

 

f:id:TODAWARA:20210813210443j:plain

 

f:id:TODAWARA:20210805162947j:plain

 

 

f:id:TODAWARA:20210805163002j:plain

 

乾燥機を使って綿素材の衣類を完全に乾かすと、袖口や裾が反対側に折れ返ってしまうので気を付けて。

雨の多い日本の気候では

「洗濯の際に乾燥機を使うのがとっても便利!」

なんですが……

f:id:TODAWARA:20210905080659j:plain

乾燥機を使って衣類を乾かした時

袖口などが

縫い目の所から外向きに折れ返ってしまい

なかなか元に戻ってくれず困っちゃう事

ってありますよね。

 

f:id:TODAWARA:20210905082353j:plain

ガーーーン!!!!

 

この現象

私の経験上では

綿素材の衣類を洗った時などに、特に多く発生しているように感じます。

 

たぶん……なんですけど

 

乾燥によって衣類が縮まった時に

衣類本体の生地と縫っているとの縮まり具合に、いくぶん差が生じるせいなんじゃないかな

と私はニラんでおります。

 

折れ曲がってしまった裾や袖

再びで湿らせたり濡らしたりして

形を整えてあげた後に自然乾燥させると、元に戻ることが多いですよ。

 

f:id:TODAWARA:20210905094924j:plain

 

綿素材の衣類は乾燥機に掛けた時

 

このように

袖口や裾が折れ返ってしまったり

シワくちゃになってしまったりしやすいので

ちょっと注意が必要です。

 

特に

生地の薄い物などは

最後まで乾燥させると

悲しいほどクチャクチャシワシワになっちゃいます……

 

f:id:TODAWARA:20210905085712j:plain

 

───なので

綿素材のシャツ(特に、薄手の物)などは

 

脱水の運転が終わったら取り出して

自然乾燥させた方が良いですよ!

 

f:id:TODAWARA:20210905095705j:plain

こういう感じの綿のシャツは乾燥機に掛けるとシワくちゃになりがち。

 

そして

 

残念ながら既にして

乾燥機でクチャクチャになってしまった衣類

 

この乾燥ワカメと同じように

 

f:id:TODAWARA:20210905082005j:plain

 

f:id:TODAWARA:20210905082315j:plain

 

水に漬ければ元に戻ることが多いですので

 

アイロンをかけて頑張って伸ばすよりかは

再び洗濯機に入れて洗い

脱水が終わったら取り出して

 

ハンガーに掛けて

表と裏から手でパンパン叩いてシワを伸ばし

形を整えて干してあげる

 

より少ない労力で

元に戻すことが出来ると思います

(アイロンで伸ばすのはかなり大変)

 

 

f:id:TODAWARA:20210905080946j:plain

 

自然乾燥ではなかなか乾きにくい

綿のTシャツなどは

 

乾燥機に掛けても最後までは乾かさず

いくぶん生乾きの段階で取り出して

 

仕上げを自然乾燥にしてあげると

袖口や裾が折れ曲がるのを防ぐことが出来ますよ!

 

f:id:TODAWARA:20210905082908j:plain

 

 

 

 

関連記事のご案内

 

 

食洗器で洗った時に謎の汚れが付いてくる……

todawara.hatenablog.com

 

 

ステテコっておしゃれになりましたよねえ。

todawara.hatenablog.com

 

 

クールビズに開襟シャツってなかなか良いと思いませんか?

todawara.hatenablog.com

 

 

 

 

こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

 

f:id:TODAWARA:20210813210443j:plain



f:id:TODAWARA:20210805162947j:plain

 

 

f:id:TODAWARA:20210805163002j:plain

 

昔、横浜八景島の近くに「コーラルハウス」っていう素敵な地ビールレストランがありました。

書類棚の中に

昔、横浜八景島の近くにあって

よく行っていたビアレストラン

「CORAL HOUSE(コーラルハウス)」

パンフレットを見つけましたので

今回は、かつて大好きだったこのお店の事について書こうと思います。

 

f:id:TODAWARA:20210903113605j:plain

 

このお店の

オープンは1997(平成9)年12月6日

営業終了は2001(平成13)年1月

 

入り江のマリーナ越しに八景島シーパラダイスを間近に望む、オシャレなレストランで

1階にはビール工房とパン屋さんがありました。

(数年後にパン屋はアメリカンスタイルのステーキレストランに変更されました)

 

ここを経営していたのは

当時、高級スーパーの「もとまちユニオン」や「ヨコサンスーパー」「酒のSPARK」などを傘下にしていた横須賀産業(株)という会社です。

(これらのお店は2021年現在、京急の傘下になっているそうです)

 

f:id:TODAWARA:20210903101535j:plain

「コーラルハウス」のエンブレム

 

今でこそ

日本各地で美味しいご当地ビールが飲める所もたくさんありますが

この当時はまだまだ、ほんとに珍しい存在で

 

しみじみと味わって楽しむ、クラフトビールの美味しさというもを初めて知った

私にとっては思い出深いお店です。

 

それまでビールと言えば

 

夏のうだるような暑~い日に、

キンキンに冷やしたビールをクーッ!と飲む

爽快なノド越し!!

 

───って感じの美味しさしか知らなかったんですけど

 

作り方によって微妙に異なる

香り味わいを楽しむ

クラフトビールというものからは

 

なんとなく、大人っぽい

文化の、ちょっと深く踏み込んだ所に来たような

ときめきのようなものがありました。

 

f:id:TODAWARA:20210903114626j:plain

 

それまでビールと言えば

アサヒかキリンか

ビンか缶か

みたいな感じだったんですけど

 

スタウトとかヴァイツェンとかピルスナーとか

色々あるんだよ、というのを初めて知ったのがこの店でした。

 

f:id:TODAWARA:20210903103201j:plain

コーラルハウスで売っていた横浜八景島ビール

 

それまで年間2000kl以上もの大量生産ができる工場にしか許可されないできたビール製造免許

1994年規制緩和され

年間60kl以上作れればOKになったため

 

以後、日本各地で

個性的なご当地ビールが続々作られるようになったんだそうですよ。

(地ビールの第1号は1994年に作られた新潟のエチゴビールです)

 

今はほんとに

あちこちで手作りのご当地ビールが飲めるようになって

旅先での大きな楽しみの一つになっていますものねえ。

 

こういう規制緩和は大歓迎!(^o^)/

 

f:id:TODAWARA:20210903103236j:plain

コーラルハウスのビール工場

 

コーラルハウス1階にあったパン屋さんはイート・インできるようになっていて

 

パンをおつまみに、目の前に海を眺めながら

かなりリーズナブルにビールを楽しむことが出来ました。

 

なので

本当にフラ〜っと気楽に立ち寄ることが出来て

ものすごく有難かったんですけど

 

あまりにリーズナブル過ぎて

採算が取れなかったんですかねえ……。

 

そのうち

パン屋さんはやめにして

ちょっとお高めのステーキグリル屋さんになってしまいました。

 

f:id:TODAWARA:20210903144648j:plain

 

2階は「il vallone(イル・ヴァローネ)」というイタリアンレストランになっていて

ランチ時のセットメニューは1300円くらいで

サラダやコーヒーやデザートまでついてきました。

 

パスタがとても美味しかったと記憶しています。

 

お店のオシャレ感に比べ、ランチのお値段がかなり良心的、その上とても美味しかったので

こちらも何度も利用させていただきました。

 

f:id:TODAWARA:20210903144809j:plain

「イル・ヴァローネ」の店内

 

f:id:TODAWARA:20210903144841j:plain

「イル・ヴァローネ」の料理



f:id:TODAWARA:20210903145016j:plain

「イル・ヴァローネ」のピザ釜

 

大好きなお店だったので

閉店してしまった事を知った時には、とっても寂しい気持ちになりました。

 

建物がかなり大きくて立派だったから

維持するだけでも大変な所があったかも知れません……。

 

コーラルハウスが存在していた時代というのは

バブル経済が崩壊してから10年以内の間なんですけど

 

この頃ってまだ

豊かだったバブル時代の残照みたいな空気感がありましたよね。

 

景色が良くて、建物も素敵で、料理も美味しく、できたてのビールが飲めて……

思えば贅沢な空間でした。

 

そんな贅沢な雰囲気を

パンをおつまみに、リーズナブルに気軽に楽しめた所が、すごく良かった……。

 

ちなみに

コーラルハウスがオープンした1997年のヒット曲は

安室奈美恵さんの

「CAN YOU CELEBRATE?」

です。

 

うーん、懐かしいっ!

 

f:id:TODAWARA:20210903113819j:plain

 

コーラルハウスだった建物は

2021年現在

どうなっているかというと

 

露天風呂の楽しめるオシャレな温浴施設

「シーサイドスパ八景島になっています。

 

こちらのレストランのお食事もかなり美味しくておすすめですよ!

 

f:id:TODAWARA:20210904092115j:plain

 

 

 

 

関連記事のご案内

 

 

横浜名物サンマーメン、美味しいから一度食べてみて。

todawara.hatenablog.com

 

 

横浜市内18区にそれぞれ美少女キャラが出来ました!

todawara.hatenablog.com

 

 

JR横浜駅のアナウンスで「新川崎」のアクセントが何か変。

todawara.hatenablog.com

 

 

横浜の盆踊りは昔っから「ビューティフルサンデー」!

todawara.hatenablog.com

 

 

 

こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

f:id:TODAWARA:20210813210443j:plain

 

f:id:TODAWARA:20210805162947j:plain

 

 

f:id:TODAWARA:20210805163002j:plain

 

 

本の箱(ブックケース)の思い出 ※閲覧注意

辞書とか立派な本って

箱に入っている事がありますよね。

あの箱
「外箱」とか「函(はこ)」とか

「三方背」とか「ブックケース」と呼ばれているんだそうですよ。

 

f:id:TODAWARA:20210830131451j:plain

 

箱入りの本と言えば

 

昔、私が子供だったころ

実家のリビングの本棚には

 

箱に入った百科事典だとか

河出書房新社日本文学全集世界文学全集などの立派な本たちがズラーッと並べられていたものです。

 

残念ながら現在は

断捨離によって

全て処分されてしまったようですが……(^^;)

 

昭和時代にはそんな風に

リビングや応接間に箱入りの立派な本が並べられている家って、結構多かったと思います。

 

百科事典のセールスマンとか

昔はよく来ていたもんですよねえ……。

 

「いりません!」

って言っている側で、子供が

「わー、いいなー、面白そう!」

なんて騒いだりして

 

うちの母も、かなり対応に困っていたようです。

 

f:id:TODAWARA:20210830140814j:plain

 

1960年代~70年代

高度成長期を経て豊かになった影響で

ちょっとした百科事典ブームが起こっていたようで

 

お部屋のインテリアみたいな感覚で、ああいう全集モノみたいな立派な本を買い揃えることが流行っていたらしいですよ。

 

身近な所に、そういう文化的なものを置いておくのは

子供の教育にもイイ!

なんて思惑が

あったのかどうかはともかくとして

(多分、あったでしょうねぇ)

 

私は

そんな中から

しょっちゅう複数冊を箱から抜き出して

読んだり眺めたりして楽しんでいたものです。

 

河出書房新社の文学全集には

そうそうたる一流画家の名画が、カラー挿絵として使われていたので

 

それを眺めているだけでも

かなり楽しいものがあったんですよねぇ。

 

ただ

私は昔から

あまり几帳面な性質ではありませんでしたから

 

しばしば本の外箱と中身が

 

「世界の動物」の箱の中に

「体のしくみ」の本が入っていたり

 

夏目漱石」の箱に

森鴎外」が入っていたりと

 

シッチャカメッチャカな事になってしまってました。

(親や姉に気付かれるたびに怒られてました)

 

 

f:id:TODAWARA:20210830143314p:plain



そんなある時のこと ───

 

本を箱から出してみたところ

小口のところに

なんか

虫の脚みたいのが付いてきたことがあったんです。

 

f:id:TODAWARA:20210830162217j:plain

 

「え、なに、これ……」

と不審に思い

 

ケースの奥を覗き込んで見てみたら……

 

そこには……

 

なんと……

 

ペッタンコに

押し潰された

 

ゴキブリの死骸

があったんです!!!!

f:id:TODAWARA:20210830134605j:plain

どうやら

ゴキが箱の中に入り込んでいたのに

 

全く気付かないまま

本をパーン!

入れてしまっていたようで……

 

f:id:TODAWARA:20210830134815j:plain

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁーーーー!!!!

 

これは

今でも軽くトラウマになっている

子供時代の思い出です……。 (T_T)

 

 

箱に入った立派な本って

なかなかロマンのある

素敵なものですけれど

 

本を箱にしまう時

および

箱から本を出す時には

 

みなさんも

よくよく注意しておいた方が良いですよ!

 

 

f:id:TODAWARA:20210830131526j:plain

 

 

 

関連記事のご案内

 

 

 「ブックバンド」の思い出〜アレって実用性はどうなんでしょうね?

todawara.hatenablog.com

 

 

 

こちらは私の本になります。よろしくお願いいたします。

 f:id:TODAWARA:20210805162922j:plain

 

f:id:TODAWARA:20210805162947j:plain

 

 

f:id:TODAWARA:20210805163002j:plain