TODAWARABLOG

戸田蕨です。小説書いてます。よろしくお願いします。

猫好きミュージシャン 山田稔明さん

今日はGOMES THE HITMANのボーカリストにして

ソロミュージシャンとしても活躍しておられる

山田稔明さんについて語らせていただきます。

 

 

f:id:TODAWARA:20190705162214j:plain

 

 

杉真理さんのファンである私は

GOMES THE  HITMANというバンド名だけは

杉さん関連として知っていたのですが

 

いかんせん

 

2000年代の初頭から10年以上もの間

 育児やPTAや町内会行事などに忙殺されていて

 

読書や音楽鑑賞などの個人的な楽しみからは

とんと遠ざかってしまっていたため

 

山田さんやGOMES の曲を聴くようになったのは

子供がようやく手を離れた

2016年からでした。

 

 

その年の2月に村田和人さんが亡くなり

 

大きなショックを抱えた私は

村田さんのCDを買い求めるため

 

渋谷のタワーレコードに向かいました。

 

 そこで村田さんのCDと一緒に手に入れたのが

 

「猫と音楽の休日」

という

 

杉真理さんや、色んなミュージシャンの方たちが

猫について歌ったアルバムでした。

 

 

猫と音楽の休日

猫と音楽の休日

 

 

 

その1曲目に収録されている

山田稔明さんの「猫町オーケストラ」という曲が

 

「すごくいい!」

 

私のハートのど真ん中を

バヒューン!と撃ちぬいたのでした。

 

「猫の、猫による猫のための歌」

と言う感じ。

 

人間が猫について歌っているのではなく

山田さんが猫になり、

猫の立場から猫の世界を歌っているのです。

 

f:id:TODAWARA:20190705170644j:plain

 

山田さんの曲と歌声は、完全に私のツボにはまりました。

 

それから

初めて聴いた山田さんのCDは

 

「GREEN(緑の時代)」

 

緑の時代

緑の時代

 

 

緑のTシャツを着た山田さんに担がれて

肩越しに「むふっ」とした表情を見せている

愛猫ポチちゃんの写真。

 

裏に小さく描かれている可愛いニャンコさんのイラスト。

 

そして

 

アルバム最後に収録されている「猫のいる暮らし」という曲。

 

 

この人、どんだけ猫好きなんだ!?

 

 

私のニャンコセンサーが激しく反応しました。

 

同じ猫好きとして

山田さんの並々ならぬ「ニャンコ愛」を感じ取りました。

 

声が好き、曲も好きに加え

共通する「猫が好き」

 

f:id:TODAWARA:20190705164743j:plain

 

それ以来

私は、山田さんの音楽を好んで聴くようになったのです。

 

 

山田さんの歌は

 

高原を吹き渡る風の様に爽やかで

雨上がりの木漏れ日のように繊細で

ちょっぴり感じられる切なさが

すごくいい。

 

歌詞の中にそこはかとなく

文学的な香りが漂っている所も大好きです。

 

 

新しい青の時代 [GTHC-0004]

新しい青の時代 [GTHC-0004]

 

 

このアルバムに収録されている

「あさってくらいの未来」を聴くたびに

 

どういうわけだか私は

 

ひろびろとした大海原の上を飛んでいく

オモチャみたいに小さなセスナ機の姿を想像して

 

胸がジーンとなるんです。

 

こちら側の想像力を刺激してくる

名曲中の名曲だと思います。

 

 

山田さんは

 

エッセイや小説もお書きになっているのですが

 

中でも、小説「猫と五つ目の季節」

 

猫を飼ったことのある人、飼い猫を看取ったことのある全ての人とって、強く共感するような内容だと思います。

 

猫と五つ目の季節

猫と五つ目の季節

 

 

猫も犬も「ペット」と呼ばれているけれど

彼らの存在は「ペット」と呼ぶには、あまりに大きすぎる。

むしろ

家族や伴侶に近い存在だと思います。

 

人間よりもずっと早く年を取り

寿命が来てしまう彼らの一生を

 いかに幸せに全うさせてあげるか。

 

人間側には

相当な心構えと覚悟が必要ですよね。。。

 

以前飼っていた愛猫たちの闘病時代を思い出したり

今飼っている猫への愛を重ね合わせて

 

この小説を読みながら

私は、何度も泣きました。

 

 

SONG LIMBO [GTHC-0013]

SONG LIMBO [GTHC-0013]

 

 

GOMES THE HITMANのバンドとしての活動も

 

2018年にニューアルバム「SONG LIMBO」が出てから

 

入手困難になっていた以前のCDが

3枚組セットで発売される事になったりと

 

山田さん関係は近頃活発です。

 

わぁーい

 ダウンロード購入して聴いていた

「饒舌スタッカート」

CDで聴ける~

 

ファンとしては嬉しい限りです。

 

 

 こちらは私の本です。よろしくお願いいたします。